MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。

マリスケリア エル プルポ(最寄駅:飯田橋駅)

 旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。今の時季に味わいたいのは、築地で仕入れる活き渡りガニを使ったパエリア。渡りガニ一匹と米を魚介のダシスープで炊き上げており、米ひと粒ひと粒に絡みつくカニの旨みがたまらない。身肉が太り、濃厚なミソを抱えた渡りガニが手に入る、年明け頃までの限定メニュー。ほかに、ズワイガニや毛ガニなどを使った温菜系のタパスも魅力的。ワインと合わせて堪能したい。

渡り蟹のパエジャ
3100円

渡りガニから溢れ出る旨みとミソのコク、魚介の骨からとったダシが渾然一体となって絶品

ズワイガニのチャングロ
1個350円~

手前は不定期メニューで、バスク地方の料理。魚介ダシにブランデーとシェリー酒を加え、カニのほぐし身とキノコ、玉ねぎを煮込んでタルトにのせたオーブン焼き。奥は濃厚なカニミソとベシャメルソースが格別

ズワイガニの グラタントースト
850円

殻つきウニのプリン(2個)
1200円

ウニと炒めた玉ねぎをムース状にした、同店の名物メニュー。滑らかな舌触りは感動モノだ

マリスケリア エル プルポ

■『マリスケリア エル プルポ』
[住所]東京都新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル1階
[TEL]03-3269-6088
[営業時間]18時~23時半、金曜日:17時~翌1時、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時
[休日]不定休
[座席]カウンター11席、テーブル2席×4卓、3席×1卓、テラス4席×1卓 計26席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代250円
[アクセス]JR中央線飯田橋駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3269-6088
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
欧州からの輸入品を扱う食品会社が直営するレストランで、ランチタイムに行っているのが、自社製品をふんだんに使ったビュッフェだ。産直野菜を20種〜30種類も集めた豊富なサラダや、日替わりの肉・魚料理、パエリア、カレーなど、彩り豊かな料理がビュッフェ台に並ぶ。※ランチタイム有
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt