MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

マリスケリア エル プルポ|渡り蟹の旨みを凝縮したスペイン流入魂のひと皿(スペインバル/飯田橋)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。

マリスケリア エル プルポ(最寄駅:飯田橋駅)

 旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。今の時季に味わいたいのは、築地で仕入れる活き渡りガニを使ったパエリア。渡りガニ一匹と米を魚介のダシスープで炊き上げており、米ひと粒ひと粒に絡みつくカニの旨みがたまらない。身肉が太り、濃厚なミソを抱えた渡りガニが手に入る、年明け頃までの限定メニュー。ほかに、ズワイガニや毛ガニなどを使った温菜系のタパスも魅力的。ワインと合わせて堪能したい。

渡り蟹のパエジャ
3100円

渡りガニから溢れ出る旨みとミソのコク、魚介の骨からとったダシが渾然一体となって絶品

ズワイガニのチャングロ
1個350円~

手前は不定期メニューで、バスク地方の料理。魚介ダシにブランデーとシェリー酒を加え、カニのほぐし身とキノコ、玉ねぎを煮込んでタルトにのせたオーブン焼き。奥は濃厚なカニミソとベシャメルソースが格別

ズワイガニの グラタントースト
850円

殻つきウニのプリン(2個)
1200円

ウニと炒めた玉ねぎをムース状にした、同店の名物メニュー。滑らかな舌触りは感動モノだ

マリスケリア エル プルポ

■『マリスケリア エル プルポ』
[住所]東京都新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル1階
[TEL]03-3269-6088
[営業時間]18時~23時半、金曜日:17時~翌1時、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時
[休日]不定休
[座席]カウンター11席、テーブル2席×4卓、3席×1卓、テラス4席×1卓 計26席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代250円
[アクセス]JR中央線飯田橋駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3269-6088
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
欧州からの輸入品を扱う食品会社が直営するレストランで、ランチタイムに行っているのが、自社製品をふんだんに使ったビュッフェだ。産直野菜を20種〜30種類も集めた豊富なサラダや、日替わりの肉・魚料理、パエリア、カレーなど、彩り豊かな料理がビュッフェ台に並ぶ。※ランチタイム有
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt