MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
オヤジのコンビニ食ダイエット(21) 驚きの高たんぱく&低糖質スナック 仙大豆「ソイチップス」

オヤジのコンビニ食ダイエット(21) 驚きの高たんぱく&低糖質スナック 仙大豆「ソイチップス」

今回紹介する仙大豆の「ソイチップス」を見つけたときは、これはダイエット中でも食べられる! いや、ダイエット中にこそ食べたいスナック菓子だと思った。まず驚いたのが、1袋で197キロカロリーしかないのに、たんぱく質が20.3グラムも含まれていること……。

驚きの高たんぱく&低糖質スナック 仙大豆「ソイチップス」

ダイエットを始めてから、自分でスナック菓子を買って食べることはほどんどなくなったが、それでもコンビニで新商品を見つけると、ついつい栄養成分表示をチェックする。

そして脂質や糖質の量を見て落胆し、静かに棚に戻す……。

そんなことを繰り返す日々だが、今回紹介する仙大豆の「ソイチップス」を見つけたときは、これはダイエット中でも食べられる! 

いや、ダイエット中にこそ食べたいスナック菓子だと思った。

まず驚いたのが、1袋で197キロカロリーしかないのに、たんぱく質が20.3グラムも含まれていること。

ちょっと大げさだけど、「おにぎり1個分のカロリーで、サラダチキンくらいのたんぱく質が摂れるスナック菓子」といえる。

さらに糖質が8.7グラム、脂質が7グラムと、一般的なポテトチップスと比べて圧倒的に少なく、とてもヘルシーだ。

この最高すぎるスナック菓子は、仙台農業共同組合(JA仙台)が企画開発したもので、以前は販売ルートが限られていた。

ところが2017年4月からナチュラルローソン各店舗でも販売されるようになり、自分が住む地域でも入手しやすくなったのだ(一部取り扱いのない店舗あり)。

原材料に、宮城県産のミヤギシロメという良質な大豆を使用。

昔から仙台東部を中心に収穫されてきたので、仙台と大豆をかけて「仙大豆」というブランド名が付けられている。

カリカリ食感で味も濃厚! だけど塩分控えめでダイエットに嬉しい食物繊維がたっぷり!


大豆は“畑の肉”といわれるだけあって、たんぱく質が豊富。

しかもソイチップスはノンフライだから、脂質も低く抑えられていて、まるでサラダチキンのように“高たんぱく&低脂質”なスナック菓子に仕上がっている。

さらに、低糖質で食物繊維もたっぷり! 

食物繊維の1日の摂取目標は20グラム以上といわれているが、1袋で約1/2の9.2グラムも摂ることができる。

味もノンフライかつ塩分控えめとは思えないほど濃厚で、酒のつまみにすると、とまらなくなるほどうまい。

食感もカリッカリで、堅揚げタイプのポテトチップスのように心地よい……。

自分がよく利用するナチュラルローソンでは「スモーキーバーベキュー」と「スパイシーインディアンカレー」の2種類のフレーバーしか見かけないが、ほかに「ごま油のり塩」と「バター醤油」があるらしい。

「ごま油のり塩」なんて、想像しただけで絶対うまいに違いない! 

もうダイエットにぴったりな夢のようなスナック菓子なんだけど、1つだけ欠点があって、それは1袋で税込299円という価格。

コンビニの一般的なスナック菓子と比べると少々お高いが、ダイエット中でも、こんなにうまいスナックを食べられると思えば充分価値はあると思う。


仙大豆
「ソイチップス スモーキーバーベキュー」
税込299円(ナチュラルローソンで購入)


パッケージのデザインは欧文が多く、
パッと見は海外のスナック菓子みたい。

大豆は、“畑の肉”とよくいわれるが、
素直に大豆の食材としての
ポテンシャルの高さを感じた商品だ。

中身はこんな感じで、
色合いからも味の濃さが感じられる。

ノンフライのスナック菓子は
食感が頼りないものが多いが、
これはパリッパリのカリッカリで
歯ごたえが心地いい!

ダイエットの敵だと思っていたスナック菓子で
20グラムのたんぱく質が摂れるのは驚き。

糖質より食物繊維の方が多く、
食塩相当量も0.6グラムで、
自分のような血圧心配オヤジでも
安心して食べられる。

パッケージの裏には
ポテトチップスと栄養成分を
比較したグラフがある。

糖質はポテチの1/3以下なのに、
7倍のたんぱく質と、
4倍近くの食物繊維を含んでいる。

仙大豆
「ソイチップス スパイシーインディアンカレー」
税込299円(ナチュラルローソンで購入)


スパイスにこだわった
風味豊かなカレーの味わいを再現した濃厚な味わい。

大豆が原料のスナックでこんな味が出せるなんて、
本当にすごい。





太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。


このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ダイエット方法の大きなトレンドとなっている糖質制限。 その流れを作ったのが、ビフォーアフターCMでおなじみのライザップであり、そのライザップの推奨する低糖質な食事を手軽に楽しめるのが、ファミリーマートとライザップのコラボ商品である「ファミマでライザップ」だ。
更新: 2019-04-09 16:01:00
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
ローソンがナチュラルローソンブランドで発売しているお菓子は、優秀なものが多い! ということで、オススメの3品をセレクト! 今回は糖の吸収を緩やかにしたり、整腸作用などがあり、ダイエットの強い味方になってくれる「食物繊維」がたっぷり入ったものが中心だ……。
更新: 2019-03-11 16:14:08
少し前にドラッグストアで見かけて“コレいいじゃん!”って思っていた商品で、やっと都内のファミマで見つけた「超鰹力」を紹介します。 この「ちょうかつおりょく」というネーミングから、「カツオだってダイエットや筋トレにいいんだぜ!」っていう力強いメッセージが読み取れる、これまでのカツオ製品のイメージを覆す商品なんです……。
更新: 2019-02-25 16:00:00
ダイエットや筋トレを頑張る人に圧倒的に支持されているサラダチキンに、セブンイレブンから新しく2種類登場したのでさっそく紹介します!  どちらも従来のブロック肉タイプより“食べやすい”のが特徴だ……!
更新: 2019-03-11 16:14:09
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt