MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
美味でお値うちな天ぷらをバルで!(天ぷら/恵比寿)

美味でお値うちな天ぷらをバルで!(天ぷら/恵比寿)

いまどきテンプラは"バル"が気分♪ "TEMPURABAR"ホッピング! 天ぷらでバル!? でも天ぷらは、江戸の屋台料理のひとつゆえ、むしろ元祖バル。しかも近頃、恵比寿にじわじわ増殖中ということで、ハシゴ天ぷら開始です!定番も変わりダネもサクッと気楽に!

「天ぷらあ、好きかい?」「おう、江戸っ子だからな」



って言いたくなるほどに、天ぷらって元は江戸の屋台のファストフード。近頃じゃちょっと高級なイメージ強過ぎだが、できれば気軽にクイッと楽しみたい。
そんな気持ちを知ってか知らずか、近頃恵比寿界隈じゃ、気軽な“天ぷらバル”なる業態が人気とか。

いいねえ。こりゃあ早速行かざるを得まい。







というわけでまずは1軒め、『立呑み天ぷら 喜久や』へ。
名前の通り立ち呑みだ。
だけどどこかモダンな雰囲気は欧米のスタンディングバーにも似てハイカラだねえ。

写真:人気五品 合わせて1380円

人気五品は、大根、海老、烏賊、牡蠣、万願寺

で、肝心の天ぷらはというと、これが軽くサクッと揚がっててパクパクいける。
「人気五品」はひとつ200~380円。なかでも大根が気に入った。
あらかじめ炊かれたものが揚げられていて熱々ジューシー。
さっとかかったおぼろ昆布もいい。

日本酒もいいが、ポルトガルの微発泡ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデが、オー、ベリーマッチ。







と調子づいてきたところで、広尾方向に少し歩いて『EBISU FRY BAR』へ。

写真:天使の海老のおつくりと創作天麩羅5種 3900円のコース内

カクテルグラスに入った天使の海老のお造り。スモークチーズと淡路玉ねぎ、帆立貝柱と雲丹、牛肉わさび醤油、等々

まずはアウグスビールで喉を湿らす。
くー、酸味がいい。で、聞けば、機械打ち更科十割の蕎麦とオリジナルの創作天ぷらがウリ。
創作天ぷらは数々揃い目移りするが、「煮穴子と有馬山椒」や「牛肉のわさび醤油」など面白い。
言い忘れたがこちら神戸発の出店。なーる、牛肉天とはさすが西方、堪んねえや。
天つゆも関西風のダシ味がいい。細打ちの蕎麦はのど越しよく、後からほんのり甘さが返ってくるなり。







さて締めは渋谷橋の『テンプラ ワバル』へ。
こちらビストロライクな肩肘張らない雰囲気がよし。

写真:はんぺんテンプラチーズのプール 890円

大人気の皿テンプラ。海苔の佃煮が入ったはんぺんの天ぷらが6種のチーズと生クリームの海に浮かぶ

気さくで男前な店主ジョージ・Kさん(日本人)が自ら揚げる「串テンプラ」と「皿テンプラ」が名物だ。
「塩と天つゆだけじゃつまらない」と、バジルソースでいただく「海老」や塩気やプチプチ感がイケる「とびっこ湯葉巻き」等々、意外性も楽しい。
6種のチーズの海に泳ぐ「はんぺんテンプラ」にはサングリアをぐびぐび合わせよう。



いまどきはやはりこれだ。レッツゴー・テンプラ・ホッピング!




美味でお値うちな天ぷら[カウンター編]はこちら!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋サンシャインシティ60通りの一角にある高いビルに囲まれたグルメ楽園「栄町通り」は、戦後の飲み屋街の雰囲気を残した80mほどの一本道。小規模ながらも、老舗から個性的な新店までさまざまな店があって面白い。
更新: 2019-04-17 12:11:04
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
小岩・新小岩エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。鶏肉、焼肉、中華、ラーメン、牛串、寿司など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-08 18:30:00
秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。
更新: 2018-12-29 18:30:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt