これでもか!な量の刺身と素材を活かした味付けに感服|二升五合(居酒屋/亀戸)

これでもか!な量の刺身と素材を活かした味付けに感服|二升五合(居酒屋/亀戸)

「魚が好き」という店主が鮮度にこだわって築地から仕入れる食材は、旬を意識した完全日替わり。若い頃は1日に30種類を捌いていたという店主により、それぞれの個性が引き出される魚貝類は、最高の状態で供される。


二升五合(最寄駅:亀戸駅)

例えば牡蠣は西京漬け(690円)にすることで旨みを凝縮。ひと手間かけたり洋食のエッセンスも取り入れた料理からも、魚の美味しさを再認識できる。日本酒は随時入れ替わりで15種類ほど用意。締めにサービスで出されるスープは、魚の骨からとったコクのあるダシがしみじみ美味しい。

刺身盛り合わせ 2000円※写真は2人前

「刺身盛り合わせ」は、8~10種類のる。1人前は平均1000円だが、内容により価格が多少変わることも。あしらいとして添えられる塩昆布で昆布〆風にも。
蒼田純米吟醸(一合) 900円

名物 イカメンチ 590円

ザクザクとした食感の衣の下に、たっぷり入ったイカのすり身とぶつ切りが入る「イカメンチ」。半透明になるまで熱を加え甘みが引き出された玉ネギがつなぎとなり、ほろりと柔らかに仕上げられている。ひと口頬張ればイカの旨みが口いっぱいに広がる

[酒]ビール中生490円、大瓶550円 焼酎450円〜 ワイングラス420円〜、ボトル2800円〜、日本酒一合450円〜 
[その他のメニュー]出汁巻玉子680円、海老すり身と胡麻のクリームチーズディップ780円、のど黒丸干し(2尾)890円、えぞ鹿溶岩焼1290円、鮑肝たまり漬け590円、おつまみ3点盛り990円

東京都の居酒屋に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca27

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

二升五合

[住所]東京都江東区亀戸2-12-1 クレストコート小島1階 [TEL]03-5609-7722 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時半(23時LO) ※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター4席、4席×4卓、6席×1卓 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し別350円 [交通アクセス]JR総武線など亀戸駅北口から徒歩5分

電話番号 03-5609-7722
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


【秋の味覚】を絶品料理と日本酒で!東京おすすめ5店

【秋の味覚】を絶品料理と日本酒で!東京おすすめ5店

秋の味覚を日本酒で 絶品料理と楽しむ。馬肥ゆる秋、食欲の秋と実りを満喫できるこの時期の料理は喉が鳴ると言うもの。そんな絶品料理と楽しみたい一杯を、存分に味わいたい!東京都内でおすすめする6店をご紹介。


お待ちかねの「ひやおろし」の季節、到来!東京おすすめ5店

お待ちかねの「ひやおろし」の季節、到来!東京おすすめ5店

秋の味覚を日本酒で!日本酒好きが楽しみにしているこの季節ならではの“ひやおろし”を、相性抜群な料理とともに堪能したい。旨みのグッとのる秋の食材には、相乗効果絶大な日本酒で迎え撃ちたい。今回は、この季節ならではの楽しみの"ひやおろし"を堪能できるお店をご案内。もちろん〈絶品料理〉を取り揃え、お待ちしております。


軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

生搾りのレモン果汁が入った「生レモン割」(486円)のジャンボサイズが「ジャンレモ」。片手で持つのがやっとのボリューミーな一杯は1ℓサイズだが、軽やかな酸味でグイグイ飲める。


カクテルのようにバランスいい恵比寿それがしの「レモンサワー」にメロメロ!

カクテルのようにバランスいい恵比寿それがしの「レモンサワー」にメロメロ!

何て麗しいレモンサワーだろう。酸味の爽快さも、心地よい甘みも、果実のフレッシュ感もあり、カクテルのようにバランスいい1杯だ。『恵比寿それがし』の旨さの秘密は自家製レモンシロップ。


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング