MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
LA MIHAI|各国の人々が行き交いここではみんな異邦人(ルーマニア料理/錦糸町)

LA MIHAI|各国の人々が行き交いここではみんな異邦人(ルーマニア料理/錦糸町)

 その裏手にあるのがルーマニア料理の『ラ・ミハイ』だ。写真の「人気三種のいいとこ取りプレート」(1500円)は、「いんげん豆のたたき」、「たらこのペースト」と通常は「フェタチーズ」が盛られるが、これをホール担当のユリアさんに「ルーマニアポテトサラダ」に変えたい旨を伝えると快く聞いてくれた。

LA MIHAI(最寄駅:錦糸町駅)

ポテサラはピクルスや玉子、鶏肉など具沢山で食感も楽しい。「いんげん豆のたたき」は、なめらかなペースト状でニンニクが利き、斬新な味わいだ。

人気三種のいいとこ取りプレート
1500円

LA MIHAI

東京都墨田区江東橋4-19-10 [TEL]03-6659-9970 [営業時間]17時~翌5時 [休日]無休

電話番号 03-6659-9970
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
更新: 2019-03-12 12:00:00
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
更新: 2018-12-28 18:00:00
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。
更新: 2018-04-25 17:31:05
 まず向かったのはロシア料理の『スカズカ』。写真の「ニシンのマリネ」(1134円)、「ロシア風水餃子」(972円~)などを注文。
更新: 2018-02-07 07:00:00
最新の投稿
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt