MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
バル ポルテーニョ(スペイン料理/錦糸町)|各国の人々が行き交いここではみんな異邦人

バル ポルテーニョ(スペイン料理/錦糸町)|各国の人々が行き交いここではみんな異邦人

錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。

Bar Porteño(最寄駅:錦糸町駅)

写真の「エントラーニャ・ギサーダ」(1069円)は牛ハラミをトマトと長ネギで煮込んだアルゼンチンの郷土料理。濃縮された肉や野菜のエキスが旨い。パイ包み焼きの「エンパナーダ」(421円)の具材は、定番の挽き肉のほか、オリジナルのきのこクリームもあるのがいい。

エントラーニャ・ギサーダ
1069円

Bar Porteño

東京都墨田区江東橋4-25-15 第3東永ビル2階 [TEL]03-3846-0432 [営業時間]17時~翌5時 [休日]不定休

電話番号 03-3846-0432
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
更新: 2018-05-20 18:00:00
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
更新: 2017-09-13 12:00:00
欧州からの輸入品を扱う食品会社が直営するレストランで、ランチタイムに行っているのが、自社製品をふんだんに使ったビュッフェだ。産直野菜を20種〜30種類も集めた豊富なサラダや、日替わりの肉・魚料理、パエリア、カレーなど、彩り豊かな料理がビュッフェ台に並ぶ。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:52
「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。
更新: 2017-09-13 12:01:58
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt