【閉店】居酒屋 かえる(居酒屋/北千住)|学園通りにある大人のくつろぎスペース

【閉店】居酒屋 かえる(居酒屋/北千住)|学園通りにある大人のくつろぎスペース

 開業20年目と千住史は浅めだが、店主夫婦の出身の山形と熊本の名物が食べられ地元民にも愛される店。江戸期の千住は東北との旅の拠点で、店主・高橋和秋さんは親しみを覚え店を開いたとか。


居酒屋 かえる(最寄駅:北千住駅)※閉店※

牛すじ豆腐 600円

つや姫の塩むすび 2個300円

山形の漬け物 500円

赤えんまサワー 400円

「勝専寺」のえんま大王像に由来する、足立区限定ご当地サワー。サングリアをサワーで割り、赤唐辛子を浮かべたもの。真っ赤な色だが、クセは特になく食事にも合う

東京都の居酒屋に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca27

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

居酒屋 かえる※閉店※

東京都足立区千住旭町11-8 [TEL]03-3882-0123 [営業時間]16時~翌1時(23時45分LO) [休日]日(平日の祝日は営業、連休は振り替え) [席]カウンター10席 テーブル26席 計36席 [交通アクセス]JR常磐線北千住駅東口から徒歩5分

電話番号 03-3882-0123
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

荒川区南千住は北千住に較べ地味な存在だが、駅近の現代的なモールとは対照的に、やはり昔ながらの味わい深い店が残る。


ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

駅前に立つと大きな商業施設ばかり目に入るが、北千住は江戸四宿のひとつとして栄えた長い歴史を持つ街だ。四方八方に古い商店と史跡と旨い飲み屋があるので、ハマる人が続出中!


廻り寿司 千寿すしつね(寿司/北千住)|がっつり盛りの新鮮桜エビ

廻り寿司 千寿すしつね(寿司/北千住)|がっつり盛りの新鮮桜エビ

北千住の「廻り寿司 千寿すしつね」は2016年秋、カウンター中心の店から回転寿司に大リニューアル。三重や神奈川の珍しい地魚の入荷にもこだわった寿司は約100種を用意。[住所]東京都足立区千住3-92 千住ミルディス9階


鮨十(寿司/西麻布)|極上のネタと職人技が織り成す珠玉の鮨!

鮨十(寿司/西麻布)|極上のネタと職人技が織り成す珠玉の鮨!

西麻布の寿司店「鮨十(すしとう)」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。西麻布の細い路地裏に立つ一軒家。レトロな佇まいで敷居が高そうだが、戸を開ければにこやかな笑顔の親方が迎えてくれてホッとする。


赤坂[白碗竹快樓]のランチは北京の味を日替わり土鍋料理で味わえる

赤坂[白碗竹快樓]のランチは北京の味を日替わり土鍋料理で味わえる

白碗竹快樓 赤坂店 (ばいわんじゅうくわいろう)|白門と竹林に囲まれた落ち着いた佇まい。内部はコロニアルでレトロな空間で雰囲気がいい。


最新の投稿


3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

大塚のトンカツ店「とんかつ三節」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。洋食出身の店主・牧野節男さんの腕の見せどころが、ミートクリームコロッケ。その旨みと甘みは驚くほどの濃厚さだ。[住所]東京都豊島区南大塚1-60-16


「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

T.dining(ティーダイニング)|店主中井恵子さんの実家は、三重県亀山の鈴鹿山麓で豚を育てる小林ファーム。そこから直送される豚肉を使ったレストランを営む。[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7 


撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

富士山と鉄道を撮影する名所のひとつが、身延線の富士宮駅付近です。富士宮といえば富士宮焼きそば。もちもちとした食感がたまりません。 そして、富士山と鉄道をいっしょに撮影する場所は関東、東海、甲信越に数多くあるのですが、そのなかでも富士山本宮浅間大社がある富士宮は撮影地としても総本山といった感じです……。


名古屋エリア限定グルメ情報(51) ほとんどの名古屋めしがそろう『名古屋大酒場 だるま』は、いわば名古屋めしのデパートだ!

名古屋エリア限定グルメ情報(51) ほとんどの名古屋めしがそろう『名古屋大酒場 だるま』は、いわば名古屋めしのデパートだ!

味噌かつ、味噌煮込みうどん、ひつまぶしなど、名古屋めしはとにかく量が多いから、たくさんの種類が食べたいとなると、大食いの人でない限り連食はかなりキツイ。 そこで今回紹介するのは、一度で数多くの種類が食べられ、それぞれが専門店に匹敵するようなクオリティを誇る、名古屋めしのデパートのような店なのだ……。


行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

浅草橋のトンカツ店「とんかつ 藤芳」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。まずはそのまま食べてほしい。祖父が営んでいた精肉店でのレシピを元にしたコロッケは、口に含めば醤油がほんのりと香り、十分に美味なのだ。[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4


ランキング


>>総合人気ランキング