MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

イタリア北東部に位置するヴェネト州で食べられるエビ、スカンピ=赤座エビを店名にかかげたのが、ここ『リ スカンピ』だ。現地でも高級食材とされている赤座エビだが、こちらではお手軽価格で食べられる。リ スカンピ[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

リ スカンピ(最寄駅:飯田橋駅)

抜群の甘みと旨みがあり、加熱後のホクホクした食感も秀逸だ。金子シェフいわく、食べることが好きなお客様を大歓迎。ひとりで一杯一品でもOK、ハーフサイズにも対応してくれるので、気軽に訪れて楽しんでほしい。

国内産『生』スカンピのグリル
2100円

神奈川で獲れる最高級品をシンプルなグリルに。エビの甘みをダイレクトに味わえる

スカンピのパンナコッタ
980円

濃厚かつとろける口溶けで後を引く、シェフのスペシャリテ。売り切れの場合もあるので、予約がおすすめ。

沼津産赤座海老 三種の調理の盛り合わせ
1980円〜

生、フリット、魚介のダシでサッとゆでてと、3つの手法で調理。仕入れにより内容の変更、価格の変動あり。要予約

ビアンコ デッレ ヴェネツィエ
グラス750円 ボトル6750円

すっきりした風味のワイン。ワインは、ヴェネツィア近郊の生産者を訪ねて選んだものも揃う

[その他のメニュー]濃厚スープでボイルしたスカンピと魚介4種盛り1580円、獲れたてスミイカの墨煮込み 焼きポレンタ添え1180円、“伝統パスタ”ビーゴリ1280円〜など

ヴェネツィア料理酒場リ スカンピの関連記事

リ スカンピ

[住所]東京都新宿区神楽坂2-20-1 ☎03-3267-6558 [営業時間]18時〜翌2時、日15時〜24時 [休]月、祝(月が祝日の場合は営業、翌火休) [席]カウンター7席、テーブル2席×1卓、4席×2卓 計17席/禁煙席あり/カード可(1万円以上〜、VISA、MASTERのみ)/予約可/席料1人200円別 [アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-3267-6558
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
更新: 2019-10-02 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-10-01 13:53:09
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-05-21 10:58:33
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
最新の投稿
穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
更新: 2019-10-17 15:00:00
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
更新: 2019-10-17 12:00:00
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
更新: 2019-10-17 11:16:19

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt