MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

リ スカンピ(イタリアン/飯田橋)|ヴェネツィア風に仕立てた赤座エビを召し上がれ

イタリア北東部に位置するヴェネト州で食べられるエビ、スカンピ=赤座エビを店名にかかげたのが、ここ『リ スカンピ』だ。現地でも高級食材とされている赤座エビだが、こちらではお手軽価格で食べられる。リ スカンピ[アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

リ スカンピ(最寄駅:飯田橋駅)

抜群の甘みと旨みがあり、加熱後のホクホクした食感も秀逸だ。金子シェフいわく、食べることが好きなお客様を大歓迎。ひとりで一杯一品でもOK、ハーフサイズにも対応してくれるので、気軽に訪れて楽しんでほしい。

国内産『生』スカンピのグリル
2100円

神奈川で獲れる最高級品をシンプルなグリルに。エビの甘みをダイレクトに味わえる

スカンピのパンナコッタ
980円

濃厚かつとろける口溶けで後を引く、シェフのスペシャリテ。売り切れの場合もあるので、予約がおすすめ。

沼津産赤座海老 三種の調理の盛り合わせ
1980円〜

生、フリット、魚介のダシでサッとゆでてと、3つの手法で調理。仕入れにより内容の変更、価格の変動あり。要予約

ビアンコ デッレ ヴェネツィエ
グラス750円 ボトル6750円

すっきりした風味のワイン。ワインは、ヴェネツィア近郊の生産者を訪ねて選んだものも揃う

[その他のメニュー]濃厚スープでボイルしたスカンピと魚介4種盛り1580円、獲れたてスミイカの墨煮込み 焼きポレンタ添え1180円、“伝統パスタ”ビーゴリ1280円〜など

ヴェネツィア料理酒場リ スカンピの関連記事

リ スカンピ

[住所]東京都新宿区神楽坂2-20-1 ☎03-3267-6558 [営業時間]18時〜翌2時、日15時〜24時 [休]月、祝(月が祝日の場合は営業、翌火休) [席]カウンター7席、テーブル2席×1卓、4席×2卓 計17席/禁煙席あり/カード可(1万円以上〜、VISA、MASTERのみ)/予約可/席料1人200円別 [アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-3267-6558
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt