オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

 看板キャッチコピーは「魔性の味」。昭和45年(1970)創業で、手書きフォントの店名が印刷されたカップやお皿も当時のまま。


オンリー(最寄駅:南千住駅)

コーヒーは魔性の味というより、丁寧でカドの無いマイルドなお味。ぶ厚いホットケーキはシロップをたっぷりかけて頬ばりたい。

ホットケーキ 520円

ホットコーヒー 400円

東京都の喫茶店に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca13

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

オンリー

[住所]東京都荒川区南千住5-21-8 [TEL]03-3807-5955 [営業時間]9時~19時 [休日]日

電話番号 03-3807-5955
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェ『BUNDAN COFFEE & BEER』では、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。


Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

御徒町エリアのカフェ「Cafe ASAN」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。商業施設「2k540」の一角にある。Wi-Fiや電源も備わり、パソコンを打つ人も多い。[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町2番出口から徒歩3分


南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

荒川区南千住は北千住に較べ地味な存在だが、駅近の現代的なモールとは対照的に、やはり昔ながらの味わい深い店が残る。


ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

駅前に立つと大きな商業施設ばかり目に入るが、北千住は江戸四宿のひとつとして栄えた長い歴史を持つ街だ。四方八方に古い商店と史跡と旨い飲み屋があるので、ハマる人が続出中!


燗コーヒー 藤々(居酒屋/四谷三丁目)|やさしく沁みる気の利いた料理をお燗と一緒に

燗コーヒー 藤々(居酒屋/四谷三丁目)|やさしく沁みる気の利いた料理をお燗と一緒に

お燗と自然派ワイン、そしてコーヒー。この共通点は何か? それはやさしく体に沁みるような感じ。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング