オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

オンリー(喫茶店/南千住)|昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

 看板キャッチコピーは「魔性の味」。昭和45年(1970)創業で、手書きフォントの店名が印刷されたカップやお皿も当時のまま。


オンリー(最寄駅:南千住駅)

コーヒーは魔性の味というより、丁寧でカドの無いマイルドなお味。ぶ厚いホットケーキはシロップをたっぷりかけて頬ばりたい。

ホットケーキ 520円

ホットコーヒー 400円

東京都の喫茶店に関するグルメ記事|まとメシ

https://matomeshi.jp/tokyoto/key_ca13

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

オンリー

[住所]東京都荒川区南千住5-21-8 [TEL]03-3807-5955 [営業時間]9時~19時 [休日]日

電話番号 03-3807-5955
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

The tee TOKYO supported by MLESNA TEA|天井の高い店内で、ゆったりとした気分でいただけるのは、スリランカの『ムレスナティー』。ヌワラエリア産の有機栽培の若葉に、天然香料を用いハンドブレンドするフレーバーティーで、世界的にも高い評価を得ている紅茶ブランドだ。


日本近代文学館内のカフェで文豪が愛した料理を現代風にアレンジ!

日本近代文学館内のカフェで文豪が愛した料理を現代風にアレンジ!

グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。


Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

御徒町エリアのカフェ「Cafe ASAN」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。商業施設「2k540」の一角にある。Wi-Fiや電源も備わり、パソコンを打つ人も多い。[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町2番出口から徒歩3分


南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

荒川区南千住は北千住に較べ地味な存在だが、駅近の現代的なモールとは対照的に、やはり昔ながらの味わい深い店が残る。


ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

駅前に立つと大きな商業施設ばかり目に入るが、北千住は江戸四宿のひとつとして栄えた長い歴史を持つ街だ。四方八方に古い商店と史跡と旨い飲み屋があるので、ハマる人が続出中!


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング