エリア: 吉祥寺グルメ

おっさん女子の吉祥寺パトロール(29) 吉祥寺の「鬼コスパ」ランチの店はここだよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(29) 吉祥寺の「鬼コスパ」ランチの店はここだよ! の件

日本人ってコストパフォーマンスっていう言葉が大好き。吉祥寺は、ちょっとだけお高い店が多いけど、今回は、吉祥寺の「鬼コスパ」ランチにスポットライトを当ててみようと思う。「鬼コスパ」とは、鬼のようなコストパフォーマンスのことである。そ、それはやりすぎなんじゃね? そ、そこまでやらなくてもいいのでは、という……。


吉祥寺の「鬼コスパ」ランチの店はここだよ! の件

日本人ってコストパフォーマンスっていう言葉が大好きだよね。

吉祥寺では、連載第20回で紹介した階段ノ上ノ食堂のように、ちょっとお高いけど、価格に納得できる“新コスパ”っていうお店もある一方で、安くて美味しいっていうコストパフォーマンを提供する店も、もちろん人気。


でも今回は、吉祥寺の鬼コスパランチにスポットライトを当ててみようと思う。

鬼コスパとは、鬼のようなコストパフォーマンスのことである。

そ、それはやりすぎなんじゃね? 

そ、そこまでやらなくてもいいのでは……。

というような吉祥寺のランチを独断でご紹介だ。

イラスト/スタジヲワンツー


まず、吉祥寺レンガ館モール地下にある中華屋の『Y飯店』。

ここの日替わりランチは3種類あるんだけどね。

日替わり定食A 850円

日替わり定食B 750円

日替わり定食C 850円(A+Bのおかず2種類ハーフ&ハーフ)


そうなるとやっぱりCを頼みたくならない? 

すごいお得感あるし。

それで私は、木曜日の日替わり『豚肉の辛みそ炒め』+『鶏肉とジャガイモ炒め』の定食Cを頼んだわけよ。

ちょっと“炒め”がカブっていうのが気になってはいたが……。

そしたら、ハーフ&ハーフっていうけどさぁ、これ、むしろ量が2倍になってないか? みたいな分量がどーん! 

しかも点心と小さいおかずもつくから、とんでもない感じなのよ、これが。


で、それどころじゃないのが鬼コスパ。

平日のランチでは、なんとライス、スープ、麻婆豆腐が食べ放題なんですよ(なくなり次第終了)。

ライス、スープは、まだ理解できる。

しかし、麻婆豆腐って! 

麻婆豆腐って!? 

麻婆豆腐……。

私は、腹いっぱいすぎて、麻婆豆腐には到達できませんでした。


しかし、正しい鬼コスパランチの利用法を隣に座っていたおっさんから学びました。

おっさんは日替わり定食ではなく、中華麺2点セット(中華麺+餃子 or 半チャーハン)を頼んだのです。


ちなみに750円! 

そうです、白いご飯と麻婆豆腐は食べ放題。

そこで、麺を食べて、半チャーハン食べて、白いご飯と麻婆豆腐を足す! 

この戦略です! 


これがまさに鬼コスパ戦略! 

隣で敗北感から、がっくりと肩を落とすおっさん女子……。

そのとき、店にはカップルがいましたが、戦略が決まらず延々とメニューを吟味していました(笑)。

あんたたち! 

中華麺2点セットが正解よ!と教えてあげたかったよ……。


教えなかったけど。


次なる「鬼コスパ」店は、いろいろな『放題』が炸裂!!!


そして、もう1軒の鬼コスパの店は、第一ホテル裏のビルの2Fにある韓国料理の『O食堂』。

ちなみに連載第22回の『Y』と同じビルよ。

ここはチェーン店ですが、ランチが鬼ヤバです。

まずメイン料理は、ビビンパ、チゲ、ハンゲタン、コムタンなど一通りのメニューがあります。

ちなみにある日の私はキムチチゲをオーダー。

そしてここはですね、おかずが取り放題! 

なんとおかずは5~6種類あるんですよ。

ナムル、サラダ、キムチ、チヂミなどなど。

韓国茶とコーヒーも飲み放題! 


もうね、おかず中心にメインメニューを組み立てないと自爆します。

バイキングで自爆しがちな人は、くれぐれも注意してほしい(それは私です)。

キムチチゲが来るまでの間、チヂミとナムルとレンコンのサラダを食べ過ぎました……。

そしてキムチがカブっちゃって、なんか損した気分だし。

そして、メインにつくライスもボリューミー……。



ここはメニュー選択の正解が、さっぱりわからない……。

ほかのお客さんも全員自爆していたように思うのは、私の負け惜しみでしょうか? 

ちなみに石焼ビビンパ頼むと、おかずと“まるかぶり”ね。

ユッケジャンが正解か?

いや、それでもかぶるのよ。

そして、いまだ正解が出せないまま、毎回必要以上に満腹になってしまって、なぜか後悔をするおっさん女子。


『O食堂』の鬼コスパランチに正解はないのかもしれない……。

とりあえず、とてつもなく腹いっぱいになる、それが正解なのか!?





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

『盛る』といったら、SNSにアップする写真でも、アイメイクでも、面白い話でもない。『盛る』といったら白飯だろ。そんな白いご飯至上主義のおっさん女子とは私のこと。ウキウキの新米の季節が到来したので、今回は吉祥寺の店のごはん大盛問題を考えてみようと思います……。


ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。


品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン


おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

秋の味覚、『いも・栗・かぼちゃ』の季節がやってきました。私は糖質を恐れないおっさん女子なので、いも・栗・かぼちゃは、なんの迷いもなくガンガン食べます(笑)。 そんな私が考える、吉祥寺で『いも・栗・かぼちゃ』のおすすめスイーツ店といえば……。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング