エリア: 東京都

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

いまや百花繚乱、さまざまなこだわりで広がりを見せ、人気もさらに急上昇のレモンサワー。名店と言われる店も数多いが、中でもそのコアとなるスタイルを確立し、レモンサワーの旨さを世に知らしめたのがこちら。レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!


発祥の地の生搾りスタイル、さらなる工夫、シャリっと凍らせた
焼酎や凍結レモンを使い、飲み進めても薄まらないというスタイル。
レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

もつやき ばんのレモンサワー [祐天寺]

自分で搾り自分で注ぐサワーの基本はここにあり!

 レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。ジョッキに注がれたキンミヤ焼酎に、炭酸(ハイサワー)、半割りのレモン1個がワンセット。搾り器で自ら搾り、好みの濃さに割って飲めばいい。中(焼酎の中身)をお替わりして2杯呑む人が多い。余計な甘さはなく、ジュワワーッとレモンの香りが上がって爽やか。そこに合わせるのは、看板のもつ焼き(一串100円)だ。新鮮かつ丁寧に焼き上げられたモツをグイッとやってグアーッと流し込む至福。名物「とんび豆腐」や「レバカツ」など相性抜群のつまみはほかにも事欠かず、うれしい限り。

写真:レモンサワー(セット)400円
搾ったレモンを積み重ね“レモンタワー”を作る人も続出の爽やかな飲み口。もつ焼きは全品一串100円で種類も豊富。コスパも抜群

写真:とんび豆腐350円
豚の尾“とんび”をスパイシーに煮込んだ「とんび豆腐」。とろっとした食感と刺激的な辛さがクセになる旨さ

[その他のメニュー]マカロニサラダ300円、なの花のからしあえ280円、かつおタタキ380円、しめさば380円、煮ブタ280円、ガツ刺(一皿)280円、アジフライ280円など

[住所]東京都目黒区祐天寺2-8-17 [TEL]03-3792-3021 [営業時間]16時~23時、土15時~23時、日15時~22時 [休日]不定休 [席]カウンター19席、テーブル71席 計90席/全席喫煙可/予約4名以上から(2時間半制)/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分

もつやき ばんの詳細ページへ

埼玉屋のレモンサワー [東十条]

シャリシャリ氷結焼酎が 絶品やきとんと相性抜群

 言わずと知れたやきとんの名店、埼玉屋だが、ここの生レモンハイがまた“シャリキン”スタイルのルーツともいうべき名品。ジョッキにギュッと搾られたカットレモンが2切れ、そこにシャリシャリのシャーベット状に凍らせた焼酎と炭酸が注がれる。大将曰く「氷で薄まっちゃマズいだろ」ってわけ。ジョッキの縁には塩が付いたスノースタイルだ。焼酎氷の口当たりとレモンの爽やかさに軽い塩気がイカす。大将自慢のやきとんは基本おまかせの9串。素材や焼きはもちろん、ガーリックバターののったチレやサルサソースのシャモなど、グッとくるこだわり。「埼玉屋劇場」とも言われる大将の口上も楽しみながら、ジョッキが進むのだ。

写真:生レモンハイ 460円
焼酎氷は口当たりもよくすっきりした飲み口。やきとんは左から上シロ、レバ、アブラ(ロース)。最初にクレソンと大根のサラダも

写真:埼玉屋の煮込み 790円
柔らかく煮込まれた牛肉はとろとろで、脂も甘く旨い。パンを浸して食べるのも◎

[その他のメニュー]大根サラダ250円、ザワークラフト350円、生のり250円、レバステーキ600円、牛のタタキ830円、ベーコンステーキ840円など

[住所]東京都北区東十条2-5-12 [TEL]03-3911-5843 [営業時間]16時~21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) [休日]日・祝 [席]カウンター19席、テーブル12席 計31席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩3分

埼玉屋の詳細ページへ

素揚げやのレモンサワー [小岩]

飲むほどにレモン感が増す 素揚げとぴったりの爽やかさ

 店主宮㟢明さんが生み出した“元祖”最強レモンサワー。そのキモは氷代わりにレモンが凍らせてあることだ。凍結レモン丸々1個分7~8カットに超強炭酸が注がれる。ほんのり甘い飲み口にシュワワワッとレモンの香りが上がる。レモンがほどよく溶けて「飲み進めるほどにレモン感が増す」のもポイント。中のみお替りしてさらに2杯3杯といける。レモンはノーワックスの広島県瀬戸田産レモンで、皮ごと食べてもOKだ。もちろん、看板のひな鳥の素揚げとの相性は抜群。揚げたてを眼の前で部位ごとにほぐしてくれる手羽をハフハフ頬張りながら、シュワ~っとひと口。く~っ。京野菜中心の旬の野菜素揚げもまた合います!

写真:元祖最強レモンサワー 486円
レモンは凍らすと苦みが出ないのもポイント。大山どりのひな鳥は肉質が柔らかく、カリッと揚がってジューシー

写真:煮つなぎ鳥 378円
希少部位“ツナギ”を惜しげもなく使い、甘辛のタレでさっと煮てある

写真:野菜素揚げおまかせ盛り 842円
京都上賀茂の農家直送の京野菜を中心に旬の野菜が11~12種。野菜の旨さを引き出した素揚げならではの美味しさ

[その他のメニュー]素揚げセット(砂肝・もも・手羽)1944円、とりわさ648円、レバー刺身648円、和牛串カツ270円、和牛メンチカツ270円、こだわり玉子の玉子かけごはん432円など

[住所]東京都江戸川区南小岩8-25-1 [TEL]03-6806-9481 [営業時間]17時~23時(フード22時LO) [休日]月(祝日の場合火)[席]カウンタ-8席、座敷8席 計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し300円 [交通アクセス]JR総武線小岩駅南口から徒歩7分

素揚げやの詳細ページへ

レモンサワー関連特集

レモンサワーが、変わった!東京都内おすすめ「レモンサワー極旨店6店」(レモンサワー/東京)

https://matomeshi.jp/articles/1181

こだわりの美味しさ急増中!レモンが違う!酒が違う!美味しさが格段に違う!炭酸+焼酎+レモンという従来の味に甘みを入れたり、焼酎以外のお酒を使ったりと、その美味しさを進化させたレモンサワーを出す店が東京都内で急増中だ。これはレモンサワー革命が起きる予感! エリア:北千住/荻窪/武蔵小山/五反田/門前仲町/恵比寿

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


恵比寿「らんまん食堂」なら数種類のレモンサワーが楽しめる!|らんまん食堂(居酒屋/恵比寿)

恵比寿「らんまん食堂」なら数種類のレモンサワーが楽しめる!|らんまん食堂(居酒屋/恵比寿)

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。


恵比寿の「N・park」のレモンサワーがおすすめ!

恵比寿の「N・park」のレモンサワーがおすすめ!

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。


恵比寿のもつやき店「たつや 駅前店」のレモンサワーがおすすめ!

恵比寿のもつやき店「たつや 駅前店」のレモンサワーがおすすめ!

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。恵比寿のもつやき店。


恵比寿で「日本一の生レモンサワー」が呑める『魚や ころすけ』

恵比寿で「日本一の生レモンサワー」が呑める『魚や ころすけ』

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。


「もつやき ばん」のレモンサワーがおすすめ!

「もつやき ばん」のレモンサワーがおすすめ!

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。中目黒『ばん』の血を引く店。


最新の投稿


都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

ビジネスマンやマダムが満足の店多数。京橋再開発に伴い生まれた『京橋エドグラン』には、地下1階~5階まで、20店もの飲食店が出店している。その中で、特に美味しかったお店をご紹介します。


大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。


東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

金華豚料理 平田牧場 極(とんかつ/東京)|平田牧場が経営する店舗の中でも、“極”の名が付いたこちらは金華豚をメインに扱う。より多くの人に食べてほしいと始めたのが、量を減らし値段を抑えた平日限定ランチ。


土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

うなぎを食べに食べた結果を語りまくります!うなぎ特集の全ページを担当した、飲んべえライター・菜々山いく子。酒と同じくらいうなぎを愛し、約1ヶ月間の昼夜、うなぎを食べまくりました。取材ページでは書けなかった、こぼれ話やうなぎのマメ知識をここでご披露しましょう!


ランキング


>>総合人気ランキング