エリア: 東京都

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

東京都内のレモンサワー御三家!“進化した「レモンサワー」の旨さ”が巷を席巻中!(東京都内)

いまや百花繚乱、さまざまなこだわりで広がりを見せ、人気もさらに急上昇のレモンサワー。名店と言われる店も数多いが、中でもそのコアとなるスタイルを確立し、レモンサワーの旨さを世に知らしめたのがこちら。レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!


発祥の地の生搾りスタイル、さらなる工夫、シャリっと凍らせた
焼酎や凍結レモンを使い、飲み進めても薄まらないというスタイル。
レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!

もつやき ばんのレモンサワー [祐天寺]

自分で搾り自分で注ぐサワーの基本はここにあり!

 レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。ジョッキに注がれたキンミヤ焼酎に、炭酸(ハイサワー)、半割りのレモン1個がワンセット。搾り器で自ら搾り、好みの濃さに割って飲めばいい。中(焼酎の中身)をお替わりして2杯呑む人が多い。余計な甘さはなく、ジュワワーッとレモンの香りが上がって爽やか。そこに合わせるのは、看板のもつ焼き(一串100円)だ。新鮮かつ丁寧に焼き上げられたモツをグイッとやってグアーッと流し込む至福。名物「とんび豆腐」や「レバカツ」など相性抜群のつまみはほかにも事欠かず、うれしい限り。

写真:レモンサワー(セット)400円
搾ったレモンを積み重ね“レモンタワー”を作る人も続出の爽やかな飲み口。もつ焼きは全品一串100円で種類も豊富。コスパも抜群

写真:とんび豆腐350円
豚の尾“とんび”をスパイシーに煮込んだ「とんび豆腐」。とろっとした食感と刺激的な辛さがクセになる旨さ

[その他のメニュー]マカロニサラダ300円、なの花のからしあえ280円、かつおタタキ380円、しめさば380円、煮ブタ280円、ガツ刺(一皿)280円、アジフライ280円など

[住所]東京都目黒区祐天寺2-8-17 [TEL]03-3792-3021 [営業時間]16時~23時、土15時~23時、日15時~22時 [休日]不定休 [席]カウンター19席、テーブル71席 計90席/全席喫煙可/予約4名以上から(2時間半制)/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分

もつやき ばんの詳細ページへ

埼玉屋のレモンサワー [東十条]

シャリシャリ氷結焼酎が 絶品やきとんと相性抜群

 言わずと知れたやきとんの名店、埼玉屋だが、ここの生レモンハイがまた“シャリキン”スタイルのルーツともいうべき名品。ジョッキにギュッと搾られたカットレモンが2切れ、そこにシャリシャリのシャーベット状に凍らせた焼酎と炭酸が注がれる。大将曰く「氷で薄まっちゃマズいだろ」ってわけ。ジョッキの縁には塩が付いたスノースタイルだ。焼酎氷の口当たりとレモンの爽やかさに軽い塩気がイカす。大将自慢のやきとんは基本おまかせの9串。素材や焼きはもちろん、ガーリックバターののったチレやサルサソースのシャモなど、グッとくるこだわり。「埼玉屋劇場」とも言われる大将の口上も楽しみながら、ジョッキが進むのだ。

写真:生レモンハイ 460円
焼酎氷は口当たりもよくすっきりした飲み口。やきとんは左から上シロ、レバ、アブラ(ロース)。最初にクレソンと大根のサラダも

写真:埼玉屋の煮込み 790円
柔らかく煮込まれた牛肉はとろとろで、脂も甘く旨い。パンを浸して食べるのも◎

[その他のメニュー]大根サラダ250円、ザワークラフト350円、生のり250円、レバステーキ600円、牛のタタキ830円、ベーコンステーキ840円など

[住所]東京都北区東十条2-5-12 [TEL]03-3911-5843 [営業時間]16時~21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) [休日]日・祝 [席]カウンター19席、テーブル12席 計31席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通しなし [交通アクセス]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩3分

埼玉屋の詳細ページへ

素揚げやのレモンサワー [小岩]

飲むほどにレモン感が増す 素揚げとぴったりの爽やかさ

 店主宮㟢明さんが生み出した“元祖”最強レモンサワー。そのキモは氷代わりにレモンが凍らせてあることだ。凍結レモン丸々1個分7~8カットに超強炭酸が注がれる。ほんのり甘い飲み口にシュワワワッとレモンの香りが上がる。レモンがほどよく溶けて「飲み進めるほどにレモン感が増す」のもポイント。中のみお替りしてさらに2杯3杯といける。レモンはノーワックスの広島県瀬戸田産レモンで、皮ごと食べてもOKだ。もちろん、看板のひな鳥の素揚げとの相性は抜群。揚げたてを眼の前で部位ごとにほぐしてくれる手羽をハフハフ頬張りながら、シュワ~っとひと口。く~っ。京野菜中心の旬の野菜素揚げもまた合います!

写真:元祖最強レモンサワー 486円
レモンは凍らすと苦みが出ないのもポイント。大山どりのひな鳥は肉質が柔らかく、カリッと揚がってジューシー

写真:煮つなぎ鳥 378円
希少部位“ツナギ”を惜しげもなく使い、甘辛のタレでさっと煮てある

写真:野菜素揚げおまかせ盛り 842円
京都上賀茂の農家直送の京野菜を中心に旬の野菜が11~12種。野菜の旨さを引き出した素揚げならではの美味しさ

[その他のメニュー]素揚げセット(砂肝・もも・手羽)1944円、とりわさ648円、レバー刺身648円、和牛串カツ270円、和牛メンチカツ270円、こだわり玉子の玉子かけごはん432円など

[住所]東京都江戸川区南小岩8-25-1 [TEL]03-6806-9481 [営業時間]17時~23時(フード22時LO) [休日]月(祝日の場合火)[席]カウンタ-8席、座敷8席 計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し300円 [交通アクセス]JR総武線小岩駅南口から徒歩7分

素揚げやの詳細ページへ

レモンサワー関連特集

レモンサワーが、変わった!東京都内おすすめ「レモンサワー極旨店6店」(レモンサワー/東京)

https://matomeshi.jp/articles/1181

こだわりの美味しさ急増中!レモンが違う!酒が違う!美味しさが格段に違う!炭酸+焼酎+レモンという従来の味に甘みを入れたり、焼酎以外のお酒を使ったりと、その美味しさを進化させたレモンサワーを出す店が東京都内で急増中だ。これはレモンサワー革命が起きる予感! エリア:北千住/荻窪/武蔵小山/五反田/門前仲町/恵比寿

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


牛串文化を東京に! 中央線沿線で唯一の牛串専門店がここ|牛串牛鍋じげん(牛串/西荻窪)

牛串文化を東京に! 中央線沿線で唯一の牛串専門店がここ|牛串牛鍋じげん(牛串/西荻窪)

大阪で30年以上牛肉と向き合ってきた親方(料理長)が、牛串文化を東京に広めたいと腕を振るう店。品川から直送された厳選和牛が堪能できる。


料理との相性にこだわる、レモンサワーの進化したうまさ!(東京都内)

料理との相性にこだわる、レモンサワーの進化したうまさ!(東京都内)

そもそもレモンサワーは、程よい酸味と炭酸の軽やかな口当たりで、ジャンルを問わずあらゆる料理に合うことで知られているが、さらに一歩に踏み込んで、“うちの料理に合うレモンサワー”を提供している店がある。


レモンサワーが多彩な進化を遂げている!お酒にこだわる進化したうまさが楽しめる東京のお店!

レモンサワーが多彩な進化を遂げている!お酒にこだわる進化したうまさが楽しめる東京のお店!

レモンサワーといえば、かつては甲類焼酎で割るものと相場が決まっていたが、近頃はその枠がはるかに広がって、多彩な進化を遂げている。お酒にこだわる進化したうまさが楽しめる東京のお店!


レモンサワーの中心はもちろんレモン!レモンにこだわる“進化した旨さ“!

レモンサワーの中心はもちろんレモン!レモンにこだわる“進化した旨さ“!

レモンサワーの中心はもちろんレモン。進化の過程でこだわりは当然レモンそのものに至る。ワックスたっぷりじゃ、やっぱイヤでしょ?ノーワックスで無農薬や減農薬、皮まで食べられる国産レモンをセレクトする店も増えている。東京都内の厳選店舗を紹介!


食堂とだか|レモンの香りと塩気がウニのコクを引き立てる(居酒屋/五反田)

食堂とだか|レモンの香りと塩気がウニのコクを引き立てる(居酒屋/五反田)

 スナックが建ち並ぶディープなビルに、2015年にオープン。8席という小スペースながら、店主・戸高さんの生み出すユニークな料理が話題となり、人気店に。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング