MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
常時20種あるエビを食べ比べで愉しむ(シーフード/神楽坂)※閉店

常時20種あるエビを食べ比べで愉しむ(シーフード/神楽坂)※閉店

「三ツ星エビ料理 洋食編」特集掲載店、「エビ殻荘」は国内外から集めたエビが常時20種揃い、生・焼・蒸など様々な加熱法と、それぞれに合わせた味付けで提供する。いろいろな種類のエビを食べてみたい方に推薦したい店だ。[交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分

海老シャブリ 2人前 3996円

白ワインと魚のダシに、赤座エビ、本ズワイガニ、ブラウンタイガープロウンや野菜を泳がせる。ほんのり温まった程度でいただくのがおすすめ

【閉店】エビ殻荘
神楽坂

冬のおすすめは、白ワインと魚介ベースのダシのしゃぶしゃぶ風鍋「海老シャブリ」。白ワインとハーブの香りがエビの甘みを引き立てる一品だ。自家製のエビ塩やオマールのビスクと甘エビミソを合わせた特製ダレでどうぞ。アロマティックライスで〆の雑炊もできる(842円)。

シータイガー海老のスペック
950円

イリアン有頭タイガーを、まるで生ハムのような燻製仕立てにしており、香ばしい風味が広がる

オマール海老の炭火焼
3758円

生きたままのメスのオマールエビを丸ごと炭火焼きに。弾力感と濃厚な甘みが魅力

【閉店】エビ殻荘
神楽坂

東京都新宿区神楽坂3-2 大宗第5ビル ☎03-6228-1513 [営]17時〜23時半(フード22時半LO、ドリンク23時LO)、日・祝16時〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO) [休]無休 [席]1階テーブル2席×2卓、4席×5卓、6席×2卓、2階カウンター12席、3階個室1室(8〜15名) 計63席/禁煙席あり/カード可/予約可/席料1人500円別 [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分

電話番号 03-6228-1513
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt