MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!最後は「名古屋編」3店をご紹介!

【待ち時間40分】まるや本店 JR名古屋駅店(最寄駅:名古屋駅)

\並ぶ価値あり!/行列中のお茶の差し入れに心が和む

 2015年末、JR名古屋駅構内にオープンした『名古屋うまいもん通り』。有名店が軒を連ねるなか、ひつまぶしが名物の『まるや本店 JR名古屋駅店』の人気が群を抜いているという。

上ひつまぶし 3065円

「上ひつまぶし」(3065円)は、ネギとワサビ、刻みネギのほか、大葉も薬味に使っているのが特徴。また、三杯目を食べる頃にお茶漬け用のダシを持ってきてくれるなど、きめ細やかなサービスも好感が持てる。

ある日曜日の昼、店の前に20人ほどの行列ができていた。ウナギゆえに提供するのも食べるのも時間がかかるのか、行列はあまり動かない。腹ペコなので余計にイライラしてくる。すぐ後ろに並んでいたファミリーが「並んでまで食べたくないがね!」と、捨てゼリフを吐いて戦線離脱。そんななか、店員から温かいお茶のサービス。おかげで心がほっこり。結局、入店できたのは並んでから40分後。「上ひつまぶし」(3065円)にありつけたのはさらに30分後。確かに美味しかったけど疲れた……。

【待ち時間00分】濃厚担々麺 はなび 錦店(最寄駅:栄駅)

本店ではなく、都心にある錦店が狙い目

 行列嫌いの名古屋人でもつい並んでしまうのが、台湾まぜそば発祥の店『麺屋 はなび』

濃厚担々麺 850円

店名を冠した「濃厚担々麺」(850円)は、濃厚なスープと豆乳を合わせたWスープ。テーブルのラー油や山椒などで味の変化が楽しめる。名物の「元祖台湾まぜそば」(780円)と同様に、「追い飯」も無料だ。

今や人気は東京にも飛び火しているらしい。日曜日の夜、中川区高畑にある本店の前を通りかかると、約30人がズラリ。店内にも待合席があるので、一体どれだけ待つのやら。寒いわ、腹は減るわで早々に退散。で、向かったのが『濃厚担々麺 はなび錦店』。19時半頃に到着して、なんと行列はゼロ。待たずに看板メニューの「濃厚担々麺」(850円)を堪能することができた。『麺屋 はなび』は本店のみならず、郊外を中心に展開している系列店も混み合っている。しかし、都心にある錦店は狙い目だ。

【待ち時間45分】まぐろや 石亭 御器所店(最寄駅:御器所駅)

広々とした待合室が大にぎわい

『まぐろや 石亭 御器所店』は2015年末、昭和区の御器所通交差点近くにオープンした回転寿司店だ。

秘伝漬けまぐろ 356円

「秘伝漬けまぐろ」(356円)や「活真鯛」(302円)、「鉄火巻」(237円)、「本まぐろ三貫握り」(864円)などを注文。「まぐろや」という店名だけに、まぐろの寿司はどれも回転寿司のレベルを超えている。

 日曜日の18時半頃に到着すると、店の前に並んでいる人はいない。ラッキー!と思ったのも束の間、店内に入ると、待合スペースがあり、多くの客でごった返している。あぁ、気が遠くなる…。順番票に名前を記入した際に、数えてみたところ自分の前に25人も待っていることがわかった。

 1時間待ちは覚悟していたが、45分くらいで席に案内された。お腹が空いていたので、とりあえずレーンを回っている寿司からチョイス。乾いているネタがあったのが残念だったが、周りの客は職人さんに直接注文していた。そのルールに則って、「本まぐろ三貫握り」(864円)などをオーダー。店名の通り、まぐろの寿司はどれも旨かった。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
たまごが決め手のおやつ時間に「エッグタルト」!グルメライターが東京都内のお店を食べ歩いて見つけたおすすめ4選!撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-02 13:17:33
東京都内、素材にこだわり卵感たっぷりの「プリン」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ8選!卵を使った料理には、プリンやエッグタルトといったおやつもあって、こちらもまた美味なのです。これぞ我がおやつ! を選び抜いてみました。撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-15 10:22:45
東京都内の「カルボナーラ」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ5選!スパゲッティにも、シンプルに卵の美味しさを実感できるメニュー、あります! それがこれ〈カルボナーラ〉。本場仕込みのものから元祖系、アレンジ系まで名店を揃えました。撮影/貝塚 隆、西﨑進也 取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-15 10:22:42
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt