エリア: 愛知県

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!最後は「名古屋編」3店をご紹介!


【待ち時間40分】まるや本店 JR名古屋駅店(最寄駅:名古屋駅)

\並ぶ価値あり!/行列中のお茶の差し入れに心が和む

 2015年末、JR名古屋駅構内にオープンした『名古屋うまいもん通り』。有名店が軒を連ねるなか、ひつまぶしが名物の『まるや本店 JR名古屋駅店』の人気が群を抜いているという。

上ひつまぶし 3065円

「上ひつまぶし」(3065円)は、ネギとワサビ、刻みネギのほか、大葉も薬味に使っているのが特徴。また、三杯目を食べる頃にお茶漬け用のダシを持ってきてくれるなど、きめ細やかなサービスも好感が持てる。

ある日曜日の昼、店の前に20人ほどの行列ができていた。ウナギゆえに提供するのも食べるのも時間がかかるのか、行列はあまり動かない。腹ペコなので余計にイライラしてくる。すぐ後ろに並んでいたファミリーが「並んでまで食べたくないがね!」と、捨てゼリフを吐いて戦線離脱。そんななか、店員から温かいお茶のサービス。おかげで心がほっこり。結局、入店できたのは並んでから40分後。「上ひつまぶし」(3065円)にありつけたのはさらに30分後。確かに美味しかったけど疲れた……。

まるや本店 JR名古屋駅店|鰻の香ばしさを引き立てる薬味と熱々のダシ(うなぎ/名古屋)

https://matomeshi.jp/articles/576

「上ひつまぶし」(3065円)は、ネギとワサビ、刻みネギのほか、大葉も薬味に使っているのが特徴。また、三杯目を食べる頃にお茶漬け用のダシを持ってきてくれるなど、きめ細やかなサービスも好感が持てる。 まるや本店[交]名古屋駅直結・名鉄百貨店本館9F ※ランチタイム有

【待ち時間00分】濃厚担々麺 はなび 錦店(最寄駅:栄駅)

本店ではなく、都心にある錦店が狙い目

 行列嫌いの名古屋人でもつい並んでしまうのが、台湾まぜそば発祥の店『麺屋 はなび』

濃厚担々麺 850円

店名を冠した「濃厚担々麺」(850円)は、濃厚なスープと豆乳を合わせたWスープ。テーブルのラー油や山椒などで味の変化が楽しめる。名物の「元祖台湾まぜそば」(780円)と同様に、「追い飯」も無料だ。

今や人気は東京にも飛び火しているらしい。日曜日の夜、中川区高畑にある本店の前を通りかかると、約30人がズラリ。店内にも待合席があるので、一体どれだけ待つのやら。寒いわ、腹は減るわで早々に退散。で、向かったのが『濃厚担々麺 はなび錦店』。19時半頃に到着して、なんと行列はゼロ。待たずに看板メニューの「濃厚担々麺」(850円)を堪能することができた。『麺屋 はなび』は本店のみならず、郊外を中心に展開している系列店も混み合っている。しかし、都心にある錦店は狙い目だ。

濃厚担々麺 はなび 錦店|自分好みの味にカスタマイズできる担々麺(担々麺/栄駅)

https://matomeshi.jp/articles/578

「濃厚担々麺 はなび 錦店」の店名を冠した「濃厚担々麺」(850円)は、濃厚なスープと豆乳を合わせたWスープ。テーブルのラー油や山椒などで味の変化が楽しめる。名物の「元祖台湾まぜそば」(780円)と同様に、「追い飯」も無料だ。[交]名古屋市営地下鉄東山線・名城線 栄駅1番出口より徒歩約5分 ※ランチタイム有

【待ち時間45分】まぐろや 石亭 御器所店(最寄駅:御器所駅)

広々とした待合室が大にぎわい

『まぐろや 石亭 御器所店』は2015年末、昭和区の御器所通交差点近くにオープンした回転寿司店だ。

秘伝漬けまぐろ 356円

「秘伝漬けまぐろ」(356円)や「活真鯛」(302円)、「鉄火巻」(237円)、「本まぐろ三貫握り」(864円)などを注文。「まぐろや」という店名だけに、まぐろの寿司はどれも回転寿司のレベルを超えている。

 日曜日の18時半頃に到着すると、店の前に並んでいる人はいない。ラッキー!と思ったのも束の間、店内に入ると、待合スペースがあり、多くの客でごった返している。あぁ、気が遠くなる…。順番票に名前を記入した際に、数えてみたところ自分の前に25人も待っていることがわかった。

 1時間待ちは覚悟していたが、45分くらいで席に案内された。お腹が空いていたので、とりあえずレーンを回っている寿司からチョイス。乾いているネタがあったのが残念だったが、周りの客は職人さんに直接注文していた。そのルールに則って、「本まぐろ三貫握り」(864円)などをオーダー。店名の通り、まぐろの寿司はどれも旨かった。

「まぐろや 石亭」は目の前で職人が握ってくれる絶品回転寿司店(回転寿司/御器所)

https://matomeshi.jp/articles/577

「まぐろや」という店名だけに、まぐろの寿司はどれも回転寿司のレベルを超えている。[交]御器所駅からすぐ ※ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(東京編)

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(東京編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!今回は「東京」4店をご紹介!


並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(大阪編)

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(大阪編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!今回は「大阪編」2店をご紹介!


まるや本店 JR名古屋駅店|鰻の香ばしさを引き立てる薬味と熱々のダシ(うなぎ/名古屋)

まるや本店 JR名古屋駅店|鰻の香ばしさを引き立てる薬味と熱々のダシ(うなぎ/名古屋)

「上ひつまぶし」(3065円)は、ネギとワサビ、刻みネギのほか、大葉も薬味に使っているのが特徴。また、三杯目を食べる頃にお茶漬け用のダシを持ってきてくれるなど、きめ細やかなサービスも好感が持てる。 まるや本店[交]名古屋駅直結・名鉄百貨店本館9F ※ランチタイム有


威南記海南鶏飯 日本本店|本場人気No.1のチキンライスが初上陸、シンガポール政府御用達(シンガポール料理/田町)

威南記海南鶏飯 日本本店|本場人気No.1のチキンライスが初上陸、シンガポール政府御用達(シンガポール料理/田町)

威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)はシンガポール政府御用達としても名高い店。チキンスープで炊いたご飯と、しっとりゆで上げた鶏肉からなる「スチームチキンライス」は現地でも随一の味と評判。 ※ランチタイム有


CAMEL DINER アメリカ村本店|大判のローストビーフをド~ンとトッピング(洋食/心斎橋)

CAMEL DINER アメリカ村本店|大判のローストビーフをド~ンとトッピング(洋食/心斎橋)

ご飯が隠れる程たっぷりのローストビーフを盛り付けた、みんなが目当ての「絶品ローストビーフ丼」は、ジューシーな肉と醤油風味の絶品濃厚だれとが好相性。「どて煮黒カレー」も人気だ。CAMEL DINER(キャメルダイナー) [交]地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅 徒歩2分 ※ランチタイム有


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング