MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル 穴場メシ情報[1] 大ブームの「ヤドカリカレー」。口コミで広がる穴場中の穴場がココ!

大阪ローカル 穴場メシ情報[1] 大ブームの「ヤドカリカレー」。口コミで広がる穴場中の穴場がココ!

バーや居酒屋の営業時間“外”を活用して、脱サラや脱OLした腕自慢たちがランチタイムに勝負。いま大阪では、「宿を借りて」オリジナルレシピで起業を目指すヤドカリカレーが一大ムーブメントになっている……。

大ブームの「ヤドカリカレー」。穴場中の穴場、スパイシーな『レベルカレー』をチェック!

バーや居酒屋の営業時間“外”を活用して、脱サラや脱OLした腕自慢たちがランチタイムに勝負!

いま大阪では、「宿を借りて」オリジナルレシピで起業を目指す、ヤドカリカレーが一大ムーブメントになっている。

ヤドカリカレーの大きな特徴として、宣伝はあくまでSNS頼り。

それゆえ、お客自らがツイッターやインスタなどで検索しないと見つけられないのだ。

現在、大阪市内には100店舗以上のヤドカリカレーがあるといわれ、大半は第3のカレーと呼ばれる個性豊かなスパイスカレー専門だ。



ドレッドヘアを束ねてオリジナルカレーを提供するのは大阪・本町にある『レベルカレー』のオーナーシェフ大山琢也さん。

本町といえば市内で最も大きなオフィス街。

サラリーマンやOLのお客が9割という同店に、レゲェエの本場ジャマイカ仕立てのカレーがキリリと際立つ! 

しかも、この店、本来はロックバーなのだ。


「僕はもともと、レゲエバーを経営していたんですが、
約3年半前からココでヤドカリ。
ランチ営業を始めたんですね。
オープン当初の半年間は、スパイスの調合に試行錯誤でした」


無数にあるスパイスをどう生かすか。

スパイスの引き算をはじめて、ようやく今の味に仕上がったそうだ。


「香りに効くスパイスだったら油と一緒に風味付けに活用したりして、
20数種類のスパイスを調合しながら完成させたんです」


スパイスカレーといっても日本人好みに大幅なアレンジが加えられている。

大半のヤドカリカレーと同様、出汁がキメ手。

カツオや昆布出汁の旨味が、見事に凝縮。

さらに、ジャマイカのジャークチキンは前日から煮込んで、提供前に焼く。

この工程によって風味が格段にアップするのだ。



「順番が本当に重要なんです。
味噌汁を作るときも先に出汁を取りますよね。
カレーでも先に出汁で、あとでスパイスを入れて調合する。
この順番ではないとバランスも悪い」


辛さの調整はブラックペッパー。

この刺激的な辛さを、ご飯の上に盛り付けられた大根とにんじんの甘酢ピクルスで緩和させる。

ターメリックライスと雑穀米の2種類から選べる、Wカレー(950円)は、売り切れ次第終了。

ヤドカリカレーを食べれば、そんな貴方も『カレー通』を気取れるハズだ!

レベルカレー
[住所]大阪市中央区南本町3-3-23 
    インペリアル船場ビル2F
[TEL]なし
[営業時間]11:30~15:00
     (売れ切れ次第終了)
[定休日]日・祝




加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
今里筋は中川にある創作居酒屋「みそじ」には、この地では知る人ぞ知る、名物ママがいる。 この店を切り盛りする、松下君子ママの人柄を慕って集まる常連たちが絶賛する「テールスープ」をはじめ、どこか懐かしくてなぜか優しい味の料理がそろう、家庭的であたたかいお店なのだ。
更新: 2019-08-05 15:56:00
六本木と銀座に続いて、大阪・梅田のハービスプラザに「BLT STEAK OSAKA」が6月21日にオープンした。 東京にある2店とは趣が異なり、店内は実にラグジュアリー感が満載。 見渡すと特注のクリスタル・シャンデリアが輝き、4室の個室まで用意されているのだ……。
更新: 2019-07-29 15:45:00
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
待ち時間ナシで入店できればラッキーという洋菓子店が、下町情緒溢れる玉造にある。 こんな情報を元にその正体を探ると、「季節限定のかき氷」が有名だという……。 ウワサのお店の名は「マツシタキッチン」。 レトロな長屋を改装した外観を見ただけで、ゾクッときた。
更新: 2019-07-03 17:00:00
最新の投稿
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt