MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル 穴場メシ情報[1] 大ブームの「ヤドカリカレー」。口コミで広がる穴場中の穴場がココ!

大阪ローカル 穴場メシ情報[1] 大ブームの「ヤドカリカレー」。口コミで広がる穴場中の穴場がココ!

バーや居酒屋の営業時間“外”を活用して、脱サラや脱OLした腕自慢たちがランチタイムに勝負。いま大阪では、「宿を借りて」オリジナルレシピで起業を目指すヤドカリカレーが一大ムーブメントになっている……。

大ブームの「ヤドカリカレー」。穴場中の穴場、スパイシーな『レベルカレー』をチェック!

バーや居酒屋の営業時間“外”を活用して、脱サラや脱OLした腕自慢たちがランチタイムに勝負!

いま大阪では、「宿を借りて」オリジナルレシピで起業を目指す、ヤドカリカレーが一大ムーブメントになっている。

ヤドカリカレーの大きな特徴として、宣伝はあくまでSNS頼り。

それゆえ、お客自らがツイッターやインスタなどで検索しないと見つけられないのだ。

現在、大阪市内には100店舗以上のヤドカリカレーがあるといわれ、大半は第3のカレーと呼ばれる個性豊かなスパイスカレー専門だ。



ドレッドヘアを束ねてオリジナルカレーを提供するのは大阪・本町にある『レベルカレー』のオーナーシェフ大山琢也さん。

本町といえば市内で最も大きなオフィス街。

サラリーマンやOLのお客が9割という同店に、レゲェエの本場ジャマイカ仕立てのカレーがキリリと際立つ! 

しかも、この店、本来はロックバーなのだ。


「僕はもともと、レゲエバーを経営していたんですが、
約3年半前からココでヤドカリ。
ランチ営業を始めたんですね。
オープン当初の半年間は、スパイスの調合に試行錯誤でした」


無数にあるスパイスをどう生かすか。

スパイスの引き算をはじめて、ようやく今の味に仕上がったそうだ。


「香りに効くスパイスだったら油と一緒に風味付けに活用したりして、
20数種類のスパイスを調合しながら完成させたんです」


スパイスカレーといっても日本人好みに大幅なアレンジが加えられている。

大半のヤドカリカレーと同様、出汁がキメ手。

カツオや昆布出汁の旨味が、見事に凝縮。

さらに、ジャマイカのジャークチキンは前日から煮込んで、提供前に焼く。

この工程によって風味が格段にアップするのだ。



「順番が本当に重要なんです。
味噌汁を作るときも先に出汁を取りますよね。
カレーでも先に出汁で、あとでスパイスを入れて調合する。
この順番ではないとバランスも悪い」


辛さの調整はブラックペッパー。

この刺激的な辛さを、ご飯の上に盛り付けられた大根とにんじんの甘酢ピクルスで緩和させる。

ターメリックライスと雑穀米の2種類から選べる、Wカレー(950円)は、売り切れ次第終了。

ヤドカリカレーを食べれば、そんな貴方も『カレー通』を気取れるハズだ!

レベルカレー
[住所]大阪市中央区南本町3-3-23 
    インペリアル船場ビル2F
[TEL]なし
[営業時間]11:30~15:00
     (売れ切れ次第終了)
[定休日]日・祝




加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。
更新: 2019-05-08 16:05:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
「ココの上ロースを食べたら他では食べられへんで!」 そう言われて訪れたのは、東大阪市にある「南大門」。 昭和53年創業の老舗焼肉店は、A5とA4の黒毛和牛を扱い、肉通に随分と知られたお店である……。
更新: 2019-04-23 09:56:04
最新の投稿
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-23 12:00:00
水天宮と人形町通りを挟んだ向かいにあるパティスリー。世界的にも有名なステファン・トレアン氏が手がける洋菓子が味わえる。
更新: 2019-05-22 12:00:00
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt