名古屋エリア限定グルメ情報(28) 愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」

名古屋エリア限定グルメ情報(28) 愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」

ローカルフードの宝庫、愛知県。味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの「名古屋めし」があまりにも有名だが、県東部の三河エリアにも地元では超有名なローカルフードがある。とくにJR三河安城駅前にある創業57年の中華料理店『北京本店』が発祥の「北京飯」は、市内で知らない人がいないほどの知名度だ。


愛知県安城市で知らない人はいない!? 地元で絶大な人気を誇る「北京飯」


ローカルフードの宝庫、愛知県。

味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの「名古屋めし」があまりにも有名だが、県東部の三河エリアにも地元では超有名なローカルフードがある。

とくにJR三河安城駅前にある創業57年の中華料理店『北京本店』が発祥の「北京飯」は、市内で知らない人がいないほどの知名度を誇る。


「北京飯が誕生したのは、開店してまだ間もないころです。
初代店主の祖父がまかないで玉子料理を作ろうとしたところ、誤って別のタレを玉子の上にこぼしてしまいました。
捨てるのももったいないと思い、食べてみたら美味しかったそうで、それがヒントになったと聞いています」と、三代目の店主、杉浦充俊さん。

さっそく、北京飯を作っていただくことに。



まずは、唐揚げの調理から。

鶏肉ではなく、豚肉、それも脂の少ない内モモ肉を使用。

塩や醤油などで下味を付けた後、溶き卵にくぐらせる。

衣はサクサク感を出すために片栗粉を使っているそうだ。



そして、熱した中華鍋に油を引き、醤油と砂糖がベースのタレが入った溶き卵を流し入れる。

わずか数秒でトロトロの玉子をご飯にオン!

秒単位で玉子の状態が変わってしまうので、そのタイミングが重要なのだ。



最後に、唐揚げをふわトロの玉子の上にのせて完成。

すごくシンプルなメニューだが、タレの醤油と砂糖のバランスや豚の唐揚げの味付けなど、お祖父様は試行錯誤を重ねたに違いない。

だからこそ、店名を冠した「北京飯」と名付けたのだろう。


9年ほど前、店を改装したのを機に、杉浦さんは北京飯に使用するすべての食材を見直した。

「お米は地元産のブランド米、あいちのかおりにしました。

肉も地元のブランド豚「三河ポーク」を使用しています。
くさみがなく、味もしっかりしています。

卵は、養鶏が盛んな豊橋市から新鮮なものを取り寄せています。

北京飯は、安城で生まれて安城の人々に愛されてきました。

だからこそ、地元の食材を使ってみようと思ったんです」(杉浦さん)



そして、「究極の北京飯」(600円)と名付けてリニューアルさせた。

フワフワ&トロトロの卵の上に高温の油でカリッと揚げた豚の唐揚げをのせた丼ものだ。

もう、このビジュアルからして旨そう!


では、実食!

おおっ!

玉子がふわふわでトロトロ!甘辛く味付けしたタレとともにお米の一粒一粒をコーティングしている。

玉子とご飯との一体感がハンパない。

また、豚の唐揚げは衣がサクサクで、肉がとてもやわらかい。

ラードで揚げてあるせいか、香りが良く、いくらでも食べられる。

シンプルだが、一度食べたら忘れられない味だ。


北京本店
[住所]愛知県安城市三河安城本町2-4-1
[TEL]0566-75-0230
[営業時間]11時~14時L.O.、17時~21時半(21時L.O.)
[定休日]月




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

割烹料理店のような本格的な和食ではなく、家庭料理の延長、いわゆる“おふくろの味”をアテに一杯飲みたくなることがある。単身赴任や長期出張などで自宅を離れて暮らしている人はなおさら恋しいだろう。そこでオススメしたいのが、『おうち割烹 ふるかわ』。“おうち割烹”という店名が敷居を低くしている……。


名古屋エリア限定グルメ情報(31) 鉄板スパに味噌かつ、モーニング……。名古屋めし大充実のスーパー銭湯『大曽根温泉 湯の城』

名古屋エリア限定グルメ情報(31) 鉄板スパに味噌かつ、モーニング……。名古屋めし大充実のスーパー銭湯『大曽根温泉 湯の城』

お風呂の種類や岩盤浴などの設備が充実しまくっているスーパー銭湯、略して“スパ銭”。その発祥の地は名古屋という説があるのをご存じだろうか? この、スパ銭で、しかも、鉄板スパ、味噌かつ、充実のモーニング……と、おおよそ頭に浮かぶ名古屋めしすべてラインアップされているところがあるのだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(30) 高級寿司店が軒を連ねる錦三丁目の穴場!『鮨割烹わらじん 錦店』で寿司と斬新な和食に舌鼓!

名古屋エリア限定グルメ情報(30) 高級寿司店が軒を連ねる錦三丁目の穴場!『鮨割烹わらじん 錦店』で寿司と斬新な和食に舌鼓!

最近では丁寧な仕事を施した江戸前寿司が主流になりつつある名古屋の寿司で、一つだけネックになるのが、値段。とにかく高い……。そんななか、本格的な江戸前寿司だけではなく、趣向を凝らした和食もリーズナブルに楽しめる店を見つけた。しかも、高級寿司店が軒を連ねる中区錦三丁目で!


名古屋エリア限定グルメ情報(29) 名古屋駅地下街エスカで、超絶旨い串揚げと人情味溢れる店主の話を肴に呑む

名古屋エリア限定グルメ情報(29) 名古屋駅地下街エスカで、超絶旨い串揚げと人情味溢れる店主の話を肴に呑む

名古屋駅新幹線口にある地下街、エスカ。ここへ行けば、味噌かつや手羽先、ひつまぶしなど、名古屋めしがひと通り楽しめるのだが、地元在住の私からすれば、ここはビギナー向け。しかし、このエスカには、地元のみならず全国に常連客がいる穴場の店がある。それが地下街のいちばん端、E11出入り口すぐの『珍串』だ。


名古屋出張メシは「串カツ 青山七丁目」で決まり!本物の名古屋めし!

名古屋出張メシは「串カツ 青山七丁目」で決まり!本物の名古屋めし!

大ぶりで食べ応えのある「手羽先唐揚げ」(3個540円)をはじめ、自家製の味噌ダレで味わう「味噌串カツ」(5本500円)などの名古屋めしが豊富に揃う居酒屋。「味噌串カツ」に使う味噌は、八丁味噌と合わせ味噌をブレンドして、口当たりをマイルドに。串カツ 青山七丁目(串揚げ・串焼き/栄)


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング