おっさん女子の吉祥寺パトロール(35) 吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(35) 吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件

吉祥寺に人が多すぎる土日祝。 吉祥寺中心部には行かずに、家でおとなしくしているのが得策なのだが……。しかしせっかくの休みなんだし、ちょっと外でゴハンが食べたいよな~、と思ったとき、さて地元民はどうするのか……? 


吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件


吉祥寺に人が多すぎる土日祝。

吉祥寺中心部には行かずに、家でおとなしくしているのが得策なのだが……。

しかし、せっかくの休みなんだし、ちょっと外でゴハンが食べたいよな~、と思ったとき、さて地元民はどうするのか……? 


連載32回で紹介した『G』は、穴場中の穴場ですが、こんな場所はそうそう存在しません。

はい、ここで正解を発表します! 

吉祥寺の外れ、及び西荻窪&三鷹に避難する。

もうこれしかありません! 

住んでいる地域によって、西荻サイドor三鷹サイドをチョイス、という感じだと思いますが、もはやそうでもしないと、人混みに疲れてしまう……。

ごはん難民になってしまう……。

いらぬストレスを溜めてしまう……。

それが吉祥寺です。


イラスト/スタジヲワンツー


今回は、三鷹サイドに避難する方法を伝授しましょう。

吉祥寺駅付近から井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いて20分くらいでしょうか? 

横河電機本社の近くにカフェ風のカレー屋さん『ブルーバード』があるのです。

テーブル席4×3席、カウンター10席くらい、といった店内構成。

主に店主+曜日によってお手伝いの方で切り盛りされております。

ちなみにお客さんですが、どこをどう見ても地元民で構成されています。

休日は、身軽な服装のおひとり様男子 & すっぴん女子(私です)。

そして、休日出勤ですか? というスーツの方。

家族連れも多いのでキッズカレーというメニューもあります。

そう、私が愛してやまない老若男女がバランスよく来店するお店なのです。

また、グルメ雑誌にも掲載されたりしているようなので、わざわざ足を運ぶカレー大好きな人も多い模様。

たぶん、わざわざ来た人は「こんな店が自分の家の近くにあったら、毎日でも通うのに!」と思うはずなのですが、私の家の近くにはあるわよ、ふふん(鼻息)、という地元民のイヤーな優越感を丸出しにさせる店……(笑)。

『ブルーバード』は、土曜定休なので、私は日曜日に出没率が高いのですが、ここに来るとなぜか頭の中を、歌のお兄さん田中星児さんの『ビューティフルサンデー』がこだまします(笑)。


つまりウキウキしちゃうわけなんだよね。


ぜひとも、「黄金のカレーローテーション」にチャレンジすべし!!


カレーは、鶏、豚、牛がバランスよくラインナップ。

チキンカレー、ビーフカレー、ドライカレー、ポークカツカレー(17時以降)。

さらに、ガパオ炒めライスもあるよ。

ちなみに私は、好きな店では常に同じものを頼んでしまう癖があるんですが、ここは順番に、まんべんなくローテーション。

カレーは、マイルドな辛さのオリジナルテイストです。

超大雑把に言うと、エスニック風かもしれないが……。

おっさん女子は、ここのドライカレーが大好き。

どっちかというとキーマカレーテイストです。

目玉焼きorゆで卵のトッピングが選べますが、私はゆで卵派だ。

そして、実はですね、すべてのメニューにセットになっているフライドポテト&サラダが美味しいです。

フライドポテトは、あーこれを山盛りにしてビールのつまみで食いたい……、といつも思う。

しかし、ちょっと食べるからいいのだ! と毎回自分に言い聞かせている。

さらに、サラダはすりおろしたニンジンのペーストがかかっていて、クルトン的なカリッと美味しい何かが入っています。

ドレッシングも美味しいよ。

あと福神漬け&自家製ピクルス取り放題ね! 

そして、エスニック系調味料も用意されているので、辛さが足りないと思ったら自己責任で足しましょう。

ちなみにガパオ炒めライスを食べる場合は、トッピングは目玉焼き&チリソースを多めにかけるのがお気に入りのおっさん女子だ。

コーヒー&自家製デザートもあるよ! 

美味しいよ! 

美味しい、美味しいって、しつこいけど(笑)。

Blue Bird
[住所]東京都武蔵野市中町2-16-1 武蔵野サマリヤマンション101
[営業時間]11:00~21:00
[定休日]土曜
チキンカレー、グリーンカレー、 ドライカレー(半熟卵 or ゆで卵 付)、 ガパオ炒めライス (半熟卵 or ゆで卵)各850円、ビーフカレー 900円、キッズカレーセット 550円など。
https://www.bluebird70.com/

「おひとり様上等!」の優しさこそ、おっさん女子がヒイキにする理由か!?


あとねー、たとえおひとり様でも「どこでもどうぞ~。お好きな席にどうぞ~」と店主が優しく言ってくれるのが、実はウレシイ。

おひとり様を自動的にカウンターに案内する店も多いけど、ブルーバードはおひとり様に手厚い店なのだ。

でもねー、カウンター用のイスは、お尻にフィットするいい塩梅のフォルムをしているんですよ。

だから、実はカウンターでもOKなんだけどね(笑)。

ぜひとも、多くの人に1回、カウンターの椅子に座っていただきたい! 

すごく楽な姿勢で食べることができます(笑)。

そして『ブルーバート』からさらに井の頭通りを三鷹サイドに少し歩いていくと、横河電機のグラウンドがあって、その横に遊歩道(通りぬけられる時間が制限)があるんだけど、ここの桜がすごくきれい。

練習中のサッカーをぼんやり見ても楽しい(見ている人がけっこういる)。

この時期の吉祥寺の中心部&井の頭公園はカオスなので、『ブルーバート』でカレー、遊歩道でお花見&散歩コースを推奨。


これがまさに地元民のお花見だよね。




天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(48) 吉祥寺のフライ天国はここだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(48) 吉祥寺のフライ天国はここだよ、の件

普段はあまり食べないんだけど、時折、ムショーに食べたくなる食べ物ってないですか? おっさん女子の場合は、魚介類のフライなんですよね。その季節によって、食べたいものは、エビフライ、カキフライ、アジフライだったりしますが、実はイカフライが大本命……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(47) W杯好カード! ポルトガル対スペイン! 吉祥寺でイベリコ豚を食べてみる、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(47) W杯好カード! ポルトガル対スペイン! 吉祥寺でイベリコ豚を食べてみる、の件

実は隠していたが、私はサッカー腐女子である。しかし超贔屓のイタリアがまさかのW杯予選敗退という冗談みたいな展開になり、本大会の組み合わせ抽選もテキトーに見てたけど、グループB! 私はグループBを見るぞ! という気持ちになった組み合わせ。それがポルトガル VS スペインのイベリア半島対決である。


蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

「完熟焼きトマトの和え蕎麦」は、一度焼いた上で冷やしたトマトが丸ごと一個(!)蕎麦の上にのり、それを崩しながらいただく。バルサミコのコクとトマトの酸味が蕎麦と絡まるとき、口中にまさしく蕎麦の新風が吹く。


日本茶専門店 櫻井焙茶研究所|店内で焙煎したお茶の香ばしさをじっくりと味わう(日本茶/表参道)

日本茶専門店 櫻井焙茶研究所|店内で焙煎したお茶の香ばしさをじっくりと味わう(日本茶/表参道)

 日本茶の持つさまざまな味わいのポテンシャルを体験してもらうため、焙煎や茶葉のみならずアルコールとの“ブレンド”まで探究する『櫻井焙茶研究所』。 全国から仕入れた茶葉の中でも特筆すべきは、客が選んでから焙烙で焙煎する焙じ茶。


喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

演劇の街、東京・下北沢にある、古き良きお茶屋さんの佇まいが印象的な『つきまさ』。開店は昭和53年。


最新の投稿


Babélico|高級食材がワンコイン!気軽に通えるイタリアンバル(創作料理/東京)

Babélico|高級食材がワンコイン!気軽に通えるイタリアンバル(創作料理/東京)

 オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

 函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。


焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

 お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。


ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

 「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。


ランキング


>>総合人気ランキング