MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
もつ焼 えるびす(串焼き/天満)|一頭買いの新鮮な豚ホルモンを焼きとんで堪能

もつ焼 えるびす(串焼き/天満)|一頭買いの新鮮な豚ホルモンを焼きとんで堪能

 関西では未だ少ない“焼きとん”を味わって欲しいと2016年12月23日にオープン。内臓専門をうたい、「ふわ」(肺)や「れば」各97円をはじめ、約30種類の焼きとんを1本100円台の価格帯で用意する。

もつ焼 えるびす(最寄駅:天満駅)

鮮度が重要な内臓と良コスパのハードルをクリアする秘訣は豚の一頭買い。毎朝届く豚を店で細かく調理することで、臭みは一切なし。噛むほどに溢れるホルモンの甘みに、その新鮮さを実感できる。また味付けは塩、醤油ダレ、味噌ダレの3種類を使い分け。甘みを控え後口さっぱりの醤油ダレや、味噌と醤油を1対1でブレンドする味噌ダレなど、関東らしい味付けは、関西のお客さんからの評判も上々だそう。

盛り合わせ
658円

右からちゃんぽん、ふわ、がつ、あみれば、あみはつ、あみちれの「やきとん盛り合わせ」(658円)。内容はおまかせ。”あみ~”は、ちれ回りの網脂を手作業で巻いた、濃厚な甘みが味わえる希少部位だ

もつ煮込み
421円

関西では珍しい凍らせたキンミヤ焼酎で割る「シャリキンバイス」(486円)、名物の「レモンサワー」(421円)は、関東でも希少な博水社の「ハイサワー」を使用。「もつ煮込み」、「ふぉあぐられば」など単品メニューも充実している

ふぉあぐられば
464円

もつ焼 えるびす

大阪府大阪市北区天神橋5-8-2 [TEL]06-6809-6396 [営業時間]16時~24時(フード23時LO、ドリンク23時半LO) [休日]無休 [席]1階26席、2階座敷15席 計41席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR環状線天満駅から徒歩4分

電話番号 06-6809-6396
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
更新: 2019-05-13 13:12:50
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-05-15 14:58:37
『銀座 六覺燈』が「もっと六覺燈の串カツを知っていただこう」と、カジュアルラインのお店をオープン。 木目を基調としたバルのような店内は、大きな窓から銀座の街並みが見下ろせて、開放感抜群だ。
更新: 2019-05-20 13:41:59
夜はお任せで串揚げを提供する店。内容や味わいといったバランスを考慮しながら、肉、魚介、野菜などが2本ずつ供される。
更新: 2018-06-19 20:00:00
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt