MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
食の街の大阪・天満に破格値の焼きとん串|天満食肉センター(焼きとん/天満)

食の街の大阪・天満に破格値の焼きとん串|天満食肉センター(焼きとん/天満)

天満駅近くの飲食店が並ぶ路地裏の一画に店を構える。破格値店の多い天満らしく、焼きとん串も「しろ」、「がつ」が各97円などリーズナブル。

天満食肉センター(最寄駅:天満駅)

オーソドックスな焼きとんが食の街・天満にジャストフィット

写真は左から「てっぽう」「こころ」「かしら」「リップ」「のどぶえ」。ひと串のサイズも大きく満足度も高い。また、関西圏ではまだまだ知名度の低い「ホッピー」(380円)も置いており、ぬかりなし。

天満食肉センター

大阪府大阪市北区天神橋4-11-19 [TEL]06-6882-8129 [営業時間]17時~翌2時(翌1時LO)、日・祝12時~翌2時(翌1時LO)※ランチタイム有  [休日]月 [交通アクセス]JR環状線天満駅から徒歩1分

電話番号 06-6882-8129
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
更新: 2019-05-13 13:12:50
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-05-15 14:58:37
『銀座 六覺燈』が「もっと六覺燈の串カツを知っていただこう」と、カジュアルラインのお店をオープン。 木目を基調としたバルのような店内は、大きな窓から銀座の街並みが見下ろせて、開放感抜群だ。
更新: 2019-05-20 13:41:59
夜はお任せで串揚げを提供する店。内容や味わいといったバランスを考慮しながら、肉、魚介、野菜などが2本ずつ供される。
更新: 2018-06-19 20:00:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt