Soui串風|素材重視!和をベースにした粋な串揚げコース(串揚げ/中津)

Soui串風|素材重視!和をベースにした粋な串揚げコース(串揚げ/中津)

 串揚げ店で7年修業したのち、和をベースにした創作串揚げで独立。とにかく仕入れにはとことんこだわり、時には店の閉店後、深夜から市場へ出向いたり、食材探しに20軒回ることもあるほど。


Soui串風(最寄駅:中津駅)

選ばれた精鋭達が串揚げとなって並び、食通たちをうならせる。一つひとつは小ぶりながら旨さがギュッと詰っており、アスパラならベーコンで取ったダシ、若ゴボウなら西京味噌とほっき貝のソース、鯛ならサバ・うるめ・アジなどでとった上品な椀ものにほぐして…と、素材たちもさぞ喜んでいるだろう至福のマリアージュを堪能できる。なかでも注文後に水槽から取り出し調理する稚鮎は、ほんのり苦みが利いた滋味深さが格別。素材重視の串達はワインとの相性も抜群なのだ。

おまかせフルコース 4,000円

鯛の串は椀ものに、若ゴボウはホッキ貝の味噌ダシで

グラスワイン 800円~

かき揚げ茶漬け(コースの一部)

〆のお茶漬けはゴボウとニンジンのかき揚げを、ダシとほうじ茶を割ったもので

「おまかせフルコース」のなかの定番串(揚げる前)。あしあかエビや水槽から取り出す琵琶湖の稚鮎など

大阪のグルメ一覧はこちら

Soui串風

大阪府大阪市北区豊崎5-8-14 扶栄ビル1階 [TEL]06-6373-0030 [営業時間]18時~22時LO [休日]日 [席]10席/20時半まで禁煙、以降は喫煙可/予約可/カード可/チャージ500円別 [交通アクセス]地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩1分

電話番号 06-6373-0030
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。


ふわモチッと軽やかな食感が旨いピッツァは500円から!

ふわモチッと軽やかな食感が旨いピッツァは500円から!

根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!


日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。


最新の投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


ランキング


>>総合人気ランキング