MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
串かつ 七福神(串揚げ/東梅田)のグルメ取材記事と写真

串かつ 七福神(串揚げ/東梅田)のグルメ取材記事と写真

東梅田エリアの串揚げ店「串かつ 七福神」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。かつて“安い旨い”で団塊の世代の胃袋を満たしてきた地下鉄梅田の食堂街「ぶらり横丁」。2015年の行政代執行により幕を閉じた。

串かつ 七福神(最寄駅:東梅田駅)

サクッと軽く20串はペロリ!ソース2度付け禁止の大衆串

その際、閉店が惜しまれた人気店のひとつがここ『七福神』だ。現在は大阪駅ビルに移転し、元気に営業中。人気は衰えず、かつての常連客にビジネスマンや女性客も多く、ランチタイムや夕方は満席御礼。その人気の秘密は、“安い旨い”のモットーはそのままに、味には手を抜かないところ。衣には、その時々で使う分だけのメレンゲを投入し、軽さを強調。油は100%ラードを使用しカラッと。赤ワイン、りんごジュース、ウスターを調合したソースも秀逸だ。平均1人20串、女性でも15串はいける軽さとコスパに人気の陰りは1ミリも見えない。

えび、ブロッコリー、紅しょうが、りんご、ライスボール、串かつ(牛)、若鳥
178円、118円、118円、118円、178円、118円、178円

特に人気の串7本。ブロッコリーなどの野菜串はダシ醤油で。デザート感覚のりんごはシナモンシュガーをふって。新商品のライスボールはチーズがトロけて美味!

すじコン煮
475円

ビールのアテに最適なすじコン煮。優しい味付けで最初に注文したいスピードメニュー。

きゅうり漬
237円

きゅうり漬は串休めにもぴったり

串かつ 七福神

■『串かつ 七福神』
[住所]大阪符大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅第4ビル地下2階
[TEL]080-1410-4177
[営業時間]11時半~22時45分LO ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]24席/完全禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩3分

電話番号 080-1410-4177
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
『銀座 六覺燈』が「もっと六覺燈の串カツを知っていただこう」と、カジュアルラインのお店をオープン。 木目を基調としたバルのような店内は、大きな窓から銀座の街並みが見下ろせて、開放感抜群だ。
創業から半世紀以上のモツ焼きの老舗。毎日仕入れる新鮮な豚モツを炭火で香ばしく焼き上げる。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt