MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
近江屋 心斎橋鰻谷|サックリ&モッチリ感が唯一無二の老舗の味(串揚げ/心斎橋)

近江屋 心斎橋鰻谷|サックリ&モッチリ感が唯一無二の老舗の味(串揚げ/心斎橋)

 創業65年以上になる同名の本店は大阪串かつのメッカ・新世界にあり。23年前に分家したこちらは、創業メンバーである店主が営んでおり、実は一番本店の味を守り続けているという。

近江屋 心斎橋鰻谷(最寄駅:長堀橋駅)

それをよく知る昔からの常連客は、足繁くこちらへ通い、女性やファミリーも多い。ここの一番の特徴はなんといっても衣にあり。  強力粉をミキサーし、グルテンを出した粘り強い衣は、ふっくら&もっちりとした食感で、大ぶりなネタをしっかりと包み食べ応え満点。油は色付いてきたら新しいものを投入し常に鮮度を保持。満腹感はあるのに胃にはもたれない。かつて労働者の活力になったあの頃の、懐深い串かつは今もここで語りつがれている。

盛合せミックス
8本1706円

(アスパラ378円、ほたて194円、まぐろ194円、えび378円、玉ねぎ162円、本家串かつ97円、ぶた194円、いか194円)
もっちりとした食感で、食べ応えある串かつたち。が、揚げ油の鮮度に気を配ることで軽やかな食後感に。本場ならではの味わいだ。ソースは個別にあるので2度付けOK

ワインset
842円

ピザ串と素揚げしたジャガイモ、ウインナーはワインと相性抜群。お手頃で女性に人気

近江屋 心斎橋鰻谷

大阪府大阪市中央区東心斎橋1-12-3 協栄ビル [TEL]06-6243-3985 [営業時間]17時半~22時半LO、日~21時半LO [休日]月 [席]30席/完全禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄堺筋線長堀橋駅5-A出口から徒歩3分

電話番号 06-6243-3985
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
更新: 2019-05-13 13:12:50
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-05-15 14:58:37
『銀座 六覺燈』が「もっと六覺燈の串カツを知っていただこう」と、カジュアルラインのお店をオープン。 木目を基調としたバルのような店内は、大きな窓から銀座の街並みが見下ろせて、開放感抜群だ。
更新: 2019-05-20 13:41:59
夜はお任せで串揚げを提供する店。内容や味わいといったバランスを考慮しながら、肉、魚介、野菜などが2本ずつ供される。
更新: 2018-06-19 20:00:00
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt