MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
焼鳥 きなり(焼き鳥/早稲田)|早稲田駅すぐ、コスパのよさに感激!

焼鳥 きなり(焼き鳥/早稲田)|早稲田駅すぐ、コスパのよさに感激!

早稲田エリアの焼き鳥店「焼鳥 きなり」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。早稲田駅から徒歩1分という好立地に2017年1月開店。白檀の香りに誘われて階段を降りると、木目を生かした雅やかな大人の空間が広がる。

焼鳥 きなり(最寄駅:早稲田駅)

メニューにない希少部位の焼鳥をお好みで味わう幸せ。

懐石仕立ての「おまかせコース」は3900円からとリーズナブル。しかし、9種類の豆皿が木箱に収まった見目麗しい前菜が登場すると、コスパのよさに感激してしまう。串焼きはさび焼、丸はつ、ぼんじり、もも、せせりなど7本。火を入れ過ぎないフワリと柔らかな仕上がりが身上で、あっさりと食べやすい。お好みの串焼きや一品料理も多彩なので、あれこれ試したくなる。

焼鳥お好み盛り合わせ
合計 1380円

手前からトリュフ塩が香るイベリコ豚350円、はらみ200円、脾臓300円、背肝250円、馬のハラミ280円

おまかせコース
3900円

豆皿いろいろおつまみ盛り9種。内容は週替わりで、汲み上げ湯葉、ポテトサラダ、お造り、鱒の筋子、じゅんさいと水ダコ、牛蒡のきんぴらなど。日によってレバームースなどワインに合うつまみが入ることも

コースの串は肉が5種類、野菜が2種類。この他、口直しの野菜と、鶏つくねのスープ蒸しといった蒸しものが付く

焼鳥 きなりの店舗情報

[住所]東京都新宿区馬場下町62-18 早稲田武蔵野ビル地下1階 [TEL]03-6457-3343 [営業時間]18時~23時LO [休日]火 [席]カウンター11席、テーブル4席×2卓、個室1室(6席) 計25席/予約可/カード可/全席禁煙/サ5% [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅3b出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-3343
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt