MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
源五郎(日本料理/大沼)|大沼牛にわかさぎ地のものを肴に一杯

源五郎(日本料理/大沼)|大沼牛にわかさぎ地のものを肴に一杯

創業約50年。大沼公園を訪れる人に、界隈でも昔から愛されている郷土の味を楽しめる店。

源五郎(最寄駅:大沼公園駅)

緻密な肉質と適度な甘みを感じさせる「大沼牛の陶板焼き」や「わかさぎの筏焼」は必食。大沼公園散策を充分に楽しんだあとに、遅めの昼食でゆっくり楽しんでもいい

大沼牛陶板焼き
1300円

陶板焼きは、玉ねぎやかぼちゃ、ピーマン、シメジなど、野菜にも旨みがしみて美味! じっくり火の通った大沼牛は柔らか

大沼ビール<ケルシュ>
780円(各種とも)

わかさぎ筏焼、じゅんさいの酢の物
380円、650円

軽く甘辛い味の付いたわかさぎの筏焼といい、とろっとした独特の口当たりのじゅんさい酢の物といい、思わずビールが進む

じゅんさいそば
900円

えび天も入った「じゅんさいそば」。すきっとダシの利いたツユにじゅんさいともずくの食感が合わさって美味しい

源五郎

北海道亀田郡七飯町大沼町145 [TEL]0138-67-2005 [営業時間]11時~15時 ※ランチタイム有   [休日]水 [席]テーブル16席、座敷12席 全28席/原則禁煙(他に客がいなければOK)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR函館本線大沼公園駅から徒歩1分

電話番号 0138-67-2005
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt