MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
越中の台所 季の香(魚介料理/富山)|漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載

越中の台所 季の香(魚介料理/富山)|漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載

富山に来たら食べたいと思う蟹、海老、ホタルイカなど、漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載。ボタン海老のしゃぶしゃぶ(要予約)など、その素材を一番美味しいと思う方法で食べさせてくれる。

越中の台所 季の香(最寄駅:富山駅)

『宇奈月ビール』をはじめ『城端麦酒』のほか、地元蔵の日本酒も揃う

生ほたるイカ昆布〆め
1000~1500円位

昆布〆めにした濃厚な旨みのホタルイカ

宇奈月ビール十字峡
860円

ばばちゃん唐揚げ
1000円前後~

ビールに合う唐揚げは富山の季節の魚介を使って。琥珀色の〈はかまエール〉と城端・蓑谷地域で栽培される麦を使った〈絹香〉

ガス海老唐揚げ
1000円前後~

城端麦酒はかまエール
972円

城端麦酒絹香
972円

越中の台所 季の香

[住所]富山県富山市宝町1-5-11 タカラビル2階 [TEL]076-432-3355 [営業時間]17時~22時LO  ※ランチの提供は終了 [休日]月曜日 [座席]テーブル14席、座敷32席、和室10席、計56席/分煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JRほか富山駅南口から徒歩3分

電話番号 076-432-3355
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
333views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt