茨城県が誇る「常陸秋そば」と人気ブランド『常陸野ネストビール』|蔵+蕎麦 な嘉屋(そば/那珂)

茨城県が誇る「常陸秋そば」と人気ブランド『常陸野ネストビール』|蔵+蕎麦 な嘉屋(そば/那珂)

 茨城県が誇る蕎麦品種「常陸秋そば」と地元ビールを旅気分で味わいに出かけよう。世界50か国以上で愛される人気ブランド『常陸野ネストビール』を造るのは、創業190余年を数える日本酒蔵『木内酒造』。


蔵+蕎麦 な嘉屋(最寄駅:常陸鴻巣駅)

クラフツマンシップあふれる日本酒蔵のビールと蕎麦

 その趣ある蔵の敷地内に蕎麦処『な嘉屋』がある。外一蕎麦のほか、酒蔵ならではの水の代わりに日本酒で打つという酒蕎麦は、のど越しがよく香りも清々しい。 刺身や常陸牛、自家菜園の野菜など地元産にこだわるおつまみも充実。大正時代に建てられた日本酒蔵を散策したら、蕎麦+ビールでのんびりしたい。

しらすおろし蕎麦、ホワイトエール 1382円、702円

初夏の季節蕎麦は大洗で揚がるしらすを使った「しらすおろし蕎麦」。「ホワイトエール」と抜群の相性

な嘉屋の特選常陸牛ローストビーフ、だいだいエール 1982円、702円

「な嘉屋の特選常陸牛ローストビーフ」は地場産柑橘を使う爽やかな「だいだいエール」とマッチ

ホワイトエール、だいだいエール、常陸野ネストラガー 各生702円、ボトル756円

樽生はホワイトエール、ラガー、季節のビール、ボトルビールは12種類揃う

蔵+蕎麦 な嘉屋

茨城県那珂市鴻巣1257 木内酒造 [TEL]029-298-0105 [営業時間]11時半~14時半、金~日、祝11時半~14時半、17時半~19時半LO ※ランチタイム有  [休日]無休/テーブル58席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR水郷線常陸鴻巣駅から徒歩7分

電話番号 029-298-0105
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


むさし家|創業明治5年!野趣あふれる「うなぎ」の醍醐味を満喫!(うなぎ/栃木)

むさし家|創業明治5年!野趣あふれる「うなぎ」の醍醐味を満喫!(うなぎ/栃木)

 創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。


宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

1階は喫茶、2階のレストランでは懐かしい美味しさの洋食やおつまみメニューが楽しめる。200席の広々とした空間には個室も用意。


日本橋の名店の「特製メンチカツ」はビールと相性最高!|レストラン 桂(洋食/日本橋)

日本橋の名店の「特製メンチカツ」はビールと相性最高!|レストラン 桂(洋食/日本橋)

昭和36年創業。ビールと相性最高の「特製メンチカツ」は、溢れる肉汁と開店以来継ぎ足すデミグラスソースが絶品だ。


通の大人も大満足!洗練された「和食と酒」が最高!|割烹 ふた麦 麦酒庵分店(和食/日本橋)

通の大人も大満足!洗練された「和食と酒」が最高!|割烹 ふた麦 麦酒庵分店(和食/日本橋)

目も舌も肥えた大人を満足させるならこの店はいかがだろうか。大塚や恵比寿で人気の「麦酒庵」が手掛けた新店で、和食のコースに合わせて厳選したクラフトビールや日本酒とのペアリングを堪能できる。


〆にガツンと掻っ込みたい!ド迫力の「どて飯」|ちさとちゃん(居酒屋/三軒茶屋)

〆にガツンと掻っ込みたい!ド迫力の「どて飯」|ちさとちゃん(居酒屋/三軒茶屋)

カウンター越しの鍋でくつくつとたっぷり煮込まれているのは、1本から注文できる名物のどて串。味噌ダレは塩分が少なめの白味噌に、水・ザラメ・黒糖を加えたもの。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング