MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
PAPPON KITCHEN(タイ料理/神泉)|タイの一般市民が食べている日常食。日本では希少な料理が並ぶ。

PAPPON KITCHEN(タイ料理/神泉)|タイの一般市民が食べている日常食。日本では希少な料理が並ぶ。

渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。

PAPPON KITCHEN(最寄駅:神泉駅)

“現地の味”が食べられるひと味違う本格タイ食堂

タイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いたタイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食。日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。

電車チャーハン
900円

(手前)黒醤油を使った「電車チャーハン」900円。(奥)「ピータンのホーリーバジル炒め」900円。

ピータンのホーリーバジル炒め
900円

PAPPON KITCHEN

[住所]東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル2階 ☎03-6427-0377 [営]12時~売り切れまで、18時~23時半(23時LO) [休]日 [席]9席

電話番号 03-6427-0377
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-05-14 16:07:25
巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。
更新: 2018-09-21 16:02:30
 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)
更新: 2018-04-30 11:16:17
「カンボジア料理バイヨン」はカンボジア人シェフが作る、日本人の味覚に合わせた穏やかな味の料理が評判の店。[交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-01 15:42:21
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt