MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

厳選した全国の地鶏&銘柄鶏から日替わりで提供。目を引くのは調理場をぐるりと取り囲むように配置された大きなカウンター席。さながら中央の焼き台はどの席からも焼き手の作業が見える舞台のよう。そこで土佐備長炭の香ばしい煙に包まれて焼かれているのが、全国各地から厳選した地鶏と銘柄鶏の焼き鳥だ。

手前からつくね370円、日替わりの正肉(水郷赤鶏650円、名古屋コーチン700円、宮崎地頭鶏760円)、むね肉のししとう焼き320円、手羽430円、レバー270円(各1本の値段)

ボリュームたっぷりの正肉は3種の銘柄を日替わりで提供。皮やモモ肉などを配合した挽き肉を使うつくねも人気

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

脂ののりが抜群の「名古屋コーチン」や、旨みのバランスがいい「比内地鶏」など、日々の仕入れによって常時5、6種類を揃えている。 人気は1本にムネ肉とモモ肉が入る日替わりの正肉。旨みをダイレクトに味わえるよう塩で食すのがおすすめで、広島の藻塩など3種類を使い分けている。〆には、せせり肉とバターをたっぷり使った「チキンライス」をぜひ。材料不足で一時止めていたが、常連客の要望で週3日(火、木、土の夜)だけ復活させた幻のメニューだ。 

チキンライス
840円(火、木、土の夜のみ提供)

せせりとタマネギなどを具材にバターで炒めたチキンライス。濃過ぎず優しい味わい

ササミの味噌たたき
590円

麦味噌でササミをたたきにした酒の肴

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

東京都新宿区津久戸町3-20イサミビル1階 ☎03-5228-2989 [営]11時半~13時、17時~23時(22時LO) [休]日(月が祝の場合は日営業して月休み) [席]カウンター24席、テーブル4席×5卓、計44席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し360円別 [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩7分

電話番号 03-5228-2989
2015年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。
更新: 2019-02-21 10:58:47
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt