MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪で下町の焼きとんが増加中!現地覆面調査員が、その味と大阪人の反応を探りました。

大阪で下町の焼きとんが増加中!現地覆面調査員が、その味と大阪人の反応を探りました。

安くて旨い東京の酒場スタイルが受け入れられた!?東京では豚もつの焼きとんが定番ですが、大阪ではあまり店はありませんでした。しかし、ここ数年で焼きとんを食べられる店が増加。しかも、下町スタイルで提供しているのです。現地覆面調査員が、その味と大阪人の反応を探りました。

関西で流行っているのは東京の下町スタイルなのか?

 最近大阪でも出店が目立ってきた「焼きとん」。元々西は牛、東は豚と言われるように、関西人にとって豚食文化は縁のないように思われていた。とすると、このブームの源は何だろう? 

 東京下町のテイストが関西に馴染んだのか、はたまた実は抵抗があるのだろうか? そんな関西焼きとん事情を知るべく、人気店数店を実地調査した。

写真:もつ焼 えるびす 盛り合わせ658円

 まずは「東京流かどうか」が大きな分岐点に。例えば天満の『もつ焼き えるびす』は出店にあたり東京の焼きとんを分析。ドリンクもキンミヤ焼酎を使うホッピーやバイスなどを揃え、東京流の焼きとんを流行らせるのが狙いだ。

また、心斎橋の『のんき』は東京都新宿区に本店を構える人気店。

のんき:右写真中央のコリッとした食感が楽しい「はつもと」(162円)や、左のパワフルな食べ応えが心地いい「たん」(162円)など、部位によってタレと塩を使い分ける串類は外れなしの旨さ。また、「ねぎれば」、「みの」といった新鮮なゆで刺しもほかでは味わえないと人気だ。

以前から大阪で好評の天満の『天満食肉センター』も、皿に和がらしが盛られており、しっかりした東京流なのが見てとれる。

天満食肉センター:写真は左から「てっぽう」「こころ」「かしら」「リップ」「のどぶえ」。ひと串のサイズも大きく満足度も高い。また、関西圏ではまだまだ知名度の低い「ホッピー」(380円)も置いており、ぬかりなし。

 一方で、西中島南方の『豚中島南方』や京橋の『チチカブ』は、それらの店が入ってくる以前からある。東京を意識することなく、自由度の高さで人気を集めており、個性的な部分では、関西らしさを感じる店といえるかもしれない。

「豚中島南方」:写真は左の「ハラミ」など約19種。オススメは「おまかせ5本串」(800円)。「タンシチュー」(780円)も人気。

チチカブ:写真左上の「炙りホルモン」(480円)のほか、「もつリゾット」(680円)など、イタリ
アンでの修業経験を生かしたメニューが充実している。

 店視点での分類が済んだところで、じゃあお客さんはどうかと言えば、各店とも大繁盛。ウェルカム焼きとんの空気を感じた。おそらく、その理由はシンプルなものだ。大阪はくいだおれの街。多種多様な店が軒を連ねる天満界隈が人気なことでも知られるように、安くて旨い店ならどんな業態でも受け入れるという、食文化には寛容な気質がある。焼きとんは、味はもちろん、その下町感や手軽さから、ガッチリと関西人の心にフィットしたのだ。

 今後も続々と増えそうだが、そもそも焼きとんは焼鳥の豚肉版のようなもの。串モノに馴染みがある関西人にとっては、焼きとん=東京の文化と意識しないのが実情ではなかろうか。意識せず受け入れ、以前からあったかのように溶け込む。東京流の下町酒場や焼きとんがブームになるのは、もはや必然だといえそうだ。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
串焼きは肉を味わう万国共通の調理法。日本では少し珍しい肉も、串だからこそ手軽に楽しめる。一度は試して欲しい”変わり串の逸品”、きっとクセになるはず!
更新: 2018-09-28 08:59:37
豆腐や納豆、大根といった素材に凝る。素材に味付けをして、ソース不使用など、アイデア溢れる美味串店を紹介。独創的な串揚げ店を武蔵小山駅、大久保駅、銀座で見つけました。
更新: 2018-03-31 19:21:45
串に刺せばすべて焼鳥 !?博多の焼きとんは焼鳥? 豚で鳥でなんのこっちゃですが、博多では串に刺したらすべて「焼鳥」と呼ばれる。そんな博多で食べる豚の串といえば、豚バラ肉。そのなかでも絶品の店を福岡現地調査員が教えます!
更新: 2018-03-31 09:49:20
庶民の味方とはいえ、コースにして贅沢に楽しませてくれる店も。デートや接待での利用ももちろんアリです。池袋、銀座、日本橋で見つけました。
更新: 2018-03-30 12:33:27
綺麗な個室のある。端正かつ美味なる串を静謐な空間でいただけばどんな会話も笑顔になるはず。東京都内、三ツ星焼鳥店で「接待焼鳥」ならこの2店舗!広尾と早稲田で見つけました!
更新: 2018-03-28 09:16:55
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt