MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

毎度取材で旨いものにありついているおと週ライターですが、プライベート飯もやっぱり三ツ星!そんな東京都内極上ひとりメシをご紹介します。

レバーランド(最寄駅:蒲田駅)

肥田木イチオシ!
「コンセプトは第2の我が家 ホッと寛げる立ち飲み酒場」

『レバーランド』の白レバー鉄板焼き 420円

蒲田屈指の人気酒場、通称“レバラン”。気軽な立ち飲みカウンターがあるので私みたいな呑んべえもひとりでふらっと入れるまさにパラダイス!しかも料理がどれも唸るほど安くて旨い。白レバー鉄板焼きやレバカツ串など名物のほか、揚げ物、飯物、小ポーションのつまみも多いからひとりメシに最適だ。フレンドリーな店主を中心にお隣さんとも自然と会話が弾む、アットホームな雰囲気も魅力!

食堂とだか(最寄駅:五反田駅)

いからしイチオシ!
「酒飲みのツボを押さえたありがた~い旨いもの屋」

『食堂とだか』の名物 牛ごはん 900円

ひとりメシといっても、まずは一杯ということになるわけだから、とりあえず旨いツマミがあることが三ツ星の絶対条件。その点、この店はポテサラやもつ煮など“ちょっとしたもの”が多数あるので、まずは一杯にうってつけ。というか、数種類から選べるお通しがすでに立派な小皿料理なので、それでけっこう飲めたりする。で、〆には軽く炙った和牛ロース肉の牛ごはん。これまた、おひとりさまサイズで、まっことありがたい限りなのである。

みのる食堂 銀座三越(最寄駅:銀座駅)

白石イチオシ!
「最近、腹が出た……野菜をもりもり食べたい夜に」

『みのる食堂 銀座三越』の”みのり”野菜御膳 1890円

築地暮らし6年。寿司を食い過ぎて肥えた私が密かに通うのがここ銀座三越の『みのる食堂』。全農が経営するだけあって食材が新鮮、そして安い。ひとり客に嬉しい夜の定食があり、お気に入りは旬の野菜をバランス良く食べられる“みのり”野菜御膳だ。飲み会の後にラーメンより〆スイーツ派の私はひとり二次会にもよく利用する。夜遅くに絶品プリンを食べられる店は貴重……って、あらまた太る。

AMANA(最寄駅:大塚駅)

菜々山イチオシ!
「好みのサイズや量で注文できる、ひとり晩酌にもピッタリな洋食店」

『AMANA』のカキフライ 2個 500円、イカフライ 2個 200円、メンチかつ 1個 450円

ひとりメシで困るのが1人前の量。ホントは色んな料理を食べたいけど……なんてことないですか?オススメしたいのがコチラの洋食店。カキ、イカ、コロッケなどのフライ系は1個からでも揚げてくれるし、ハンバーグやメンチかつは、小さめ、大きめなどお腹の具合に合わせて調節してくれる。アルコールが充実しているのも嬉しいところ。洋食メニューをつまみに晩酌はいかが?

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt