エリア: 東京都

極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

毎度取材で旨いものにありついているおと週ライターですが、プライベート飯もやっぱり三ツ星!そんな東京都内極上ひとりメシをご紹介します。


レバーランド(最寄駅:蒲田駅)

肥田木イチオシ!
「コンセプトは第2の我が家 ホッと寛げる立ち飲み酒場」

『レバーランド』の白レバー鉄板焼き 420円

蒲田屈指の人気酒場、通称“レバラン”。気軽な立ち飲みカウンターがあるので私みたいな呑んべえもひとりでふらっと入れるまさにパラダイス!しかも料理がどれも唸るほど安くて旨い。白レバー鉄板焼きやレバカツ串など名物のほか、揚げ物、飯物、小ポーションのつまみも多いからひとりメシに最適だ。フレンドリーな店主を中心にお隣さんとも自然と会話が弾む、アットホームな雰囲気も魅力!

「レバーランド」の詳細はこちら

食堂とだか(最寄駅:五反田駅)

いからしイチオシ!
「酒飲みのツボを押さえたありがた~い旨いもの屋」

『食堂とだか』の名物 牛ごはん 900円

ひとりメシといっても、まずは一杯ということになるわけだから、とりあえず旨いツマミがあることが三ツ星の絶対条件。その点、この店はポテサラやもつ煮など“ちょっとしたもの”が多数あるので、まずは一杯にうってつけ。というか、数種類から選べるお通しがすでに立派な小皿料理なので、それでけっこう飲めたりする。で、〆には軽く炙った和牛ロース肉の牛ごはん。これまた、おひとりさまサイズで、まっことありがたい限りなのである。

「食堂とだか」の詳細はこちら

みのる食堂 銀座三越(最寄駅:銀座駅)

白石イチオシ!
「最近、腹が出た……野菜をもりもり食べたい夜に」

『みのる食堂 銀座三越』の”みのり”野菜御膳 1890円

築地暮らし6年。寿司を食い過ぎて肥えた私が密かに通うのがここ銀座三越の『みのる食堂』。全農が経営するだけあって食材が新鮮、そして安い。ひとり客に嬉しい夜の定食があり、お気に入りは旬の野菜をバランス良く食べられる“みのり”野菜御膳だ。飲み会の後にラーメンより〆スイーツ派の私はひとり二次会にもよく利用する。夜遅くに絶品プリンを食べられる店は貴重……って、あらまた太る。

「みのる食堂 銀座三越」の詳細はこちら

AMANA(最寄駅:大塚駅)

菜々山イチオシ!
「好みのサイズや量で注文できる、ひとり晩酌にもピッタリな洋食店」

『AMANA』のカキフライ 2個 500円、イカフライ 2個 200円、メンチかつ 1個 450円

ひとりメシで困るのが1人前の量。ホントは色んな料理を食べたいけど……なんてことないですか?オススメしたいのがコチラの洋食店。カキ、イカ、コロッケなどのフライ系は1個からでも揚げてくれるし、ハンバーグやメンチかつは、小さめ、大きめなどお腹の具合に合わせて調節してくれる。アルコールが充実しているのも嬉しいところ。洋食メニューをつまみに晩酌はいかが?

「AMANA」の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


ひとりメシならココ!

関連する投稿


AMANA(洋食/大塚)|好みのサイズや量で注文できるひとり晩酌にもピッタリな洋食店

AMANA(洋食/大塚)|好みのサイズや量で注文できるひとり晩酌にもピッタリな洋食店

 ひとりメシで困るのが1人前の量。ホントは色んな料理を食べたいけど……なんてことないですか?


レバーランド(居酒屋/蒲田)|コンセプトは第2の我が家ホッと寛げる立ち飲み酒場

レバーランド(居酒屋/蒲田)|コンセプトは第2の我が家ホッと寛げる立ち飲み酒場

 蒲田屈指の人気酒場、通称“レバラン”。気軽な立ち飲みカウンターがあるので私みたいな呑んべえもひとりでふらっと入れるまさにパラダイス!


食堂とだか|酒飲みのツボを押さえたありがた~い旨いもの屋(居酒屋/五反田)

食堂とだか|酒飲みのツボを押さえたありがた~い旨いもの屋(居酒屋/五反田)

 ひとりメシといっても、まずは一杯ということになるわけだから、とりあえず旨いツマミがあることが三ツ星の絶対条件。その点、この店はポテサラやもつ煮など“ちょっとしたもの”が多数あるので、まずは一杯にうってつけ。


みのる食堂 銀座三越(和食/銀座)|最近、腹が出た……野菜をもりもり食べたい夜に!

みのる食堂 銀座三越(和食/銀座)|最近、腹が出た……野菜をもりもり食べたい夜に!

築地暮らし5年。寿司を食い過ぎて肥えた私が密かに通うのがここ銀座三越の『みのる食堂』。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング