MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
スエヒロガリ|焼き手の技術の高さを実感する串の数々(焼き鳥/中目黒)

スエヒロガリ|焼き手の技術の高さを実感する串の数々(焼き鳥/中目黒)

“ワインと楽しむ焼き鳥”をコンセプトに掲げ、2015年4月にオープンしたばかりの新店。炭の前に立つのは、ミシュランガイドにも掲載された目黒のとある名店で、10年以上にもわたって焼き手を務めた、料理長の江澤明彦さんだ。スエヒロガリ[交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札口から徒歩1分

スエヒロガリ(最寄駅:中目黒駅)

レバーやハツなどの内臓系は、鮮度が自慢の「大山どり」、モモや手羽先は、脂の甘みあふれる「信玄どり」と、部位ごとに2種類を使い分けている。「手八鳥コース」では、皮のパリッとした食感がたまらない「皮つきモモ」や、旨みが凝縮した「レバー」など、高い焼きの技術によって素材の味を引き出された多彩な串を堪能できる。 コースの最後に供される、焼き鳥のタレで焼き上げる団子もひそかな人気で、お土産(8本入り960円)にテイクアウトしていく客も多い。

手八鳥コース※内容はその日の仕入れによって変更する
2300円

柚子胡椒をそえたササミ、手羽先は中にウズラの玉子を仕込んでいる

名物焼鳥屋のテリーヌ
780円

砂肝やナンコツなどを加えることで食感に変化を与える

小ぶりなオムライスとモツ煮の合盛り
590円

秘伝のソースで煮込んだ牛モツを小さなオムライスにかけて食す

スエヒロガリ

[住所]東京都目黒区上目黒3-6-4 [TEL]03-6712-2233 [営]17時~24時(コースは22時半LO、単品は23時LO) [休]不定休 [席]カウンター7席、8席×1卓 計15席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、チャージ料500円別 [交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札口から徒歩1分

電話番号 03-6712-2233
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。
更新: 2019-02-21 10:58:47
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt