MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋駅西口を出てすぐの好立地で、半世紀も前から営業を続けるこの街でも指折りの老舗喫茶店だ。店内に入ると、そこにはビルの地下とは思えないほど広々とした空間が広がっている。

フラミンゴ(最寄駅:池袋駅)

熱帯魚が泳ぐ老舗で食す素朴なウマさのナポリタン

まず目に飛び込んでくるのが、店内の中央に設置された巨大な水槽。優雅に泳ぐ熱帯魚を愛でながら、ゆったりと過ごす時間は格別だ。食事メニューも超充実。定番のオムライスやカレーをはじめ、喫茶店としては珍しい中華丼や麻婆茄子丼も用意しており、これらはなんとワンコイン! 一番人気がナポリタンで、ホールトマトやトマトジュースを煮詰めた自家製ソースで、ソーセージやピーマンなどの具材と共に茹でたての麺を炒めていく。あっさりとした素朴な味わいが後をひき、フォークを口に運ぶ手が止まらなくなること間違いナシ!

ナポリタン
700円

ミックスチーズも一緒に炒めて、あっさりとしたなかにもコクや香ばしさを生んでいる。最後にフレッシュトマトをトッピング。大盛りも無料だ。15時までのランチタイムはドリンク付き(15時以降はアイスコーヒー500円)

サンドセット
750円

写真の玉子&野菜の他にも、ハム、ツナの4種類から2種類を選べる。玉子は注文を受けてから焼くオムレツスタイル(15時以降はブレンド500円、サンドウィッチ550円)

フラミンゴ

■『フラミンゴ』
[住所]東京都豊島区西池袋1-15-9 地下2階
[TEL]03-3986-0988
[営業時間]10時~21時(20時半LO)※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]テーブル125席/分煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩1分

電話番号 03-3986-0988
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
 1989年から表参道の裏通りに店を構える隠れ家的喫茶店。店主・原田さんの「珈琲も紅茶も高いレベルの味で提供したい」という思いで、創業当時よりブレンドされていない、シーズンティーを提供している。
ッド・ロースターの宗島さんによれば、焙煎は「浅めかもしれませんがバランス重視。豆に合わせて自然な甘みと明るい酸味のフレーバーが出るように」とか。
【閉店】神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt