MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
武ちゃん|屋台からはじまった半世紀を超える焼き鳥人気店(焼き鳥/銀座)

武ちゃん|屋台からはじまった半世紀を超える焼き鳥人気店(焼き鳥/銀座)

現在88歳になる大将・水落武敏さんが、戦後間もなく八重洲で屋台をはじめたのがこの店の原点。銀座に移転し、現店舗を構えてから半世紀以上を経た今でも、連日100人を超す客が訪れる人気ぶりが続いている。 主に焼き場を担当するのが岩佐博さん。この道約40年の熟練の職人だ。武ちゃん (たけちゃん)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅

武ちゃん(最寄駅:銀座駅)

鶏肉には「名古屋コーチン」を使用し、備長炭で秒単位にまでこだわった焼き加減で1本ずつ供してくれる。 味つけはタレと塩のみならず、つくねはカラシ醤油で、皮には生醤油、鴨は自家製の田楽味噌と共にと、それぞれの串に合わせた味つけで食べさせてくれるのもこの店ならでは。 銀座の一等地にありながら、値段はリーズナブルというのもうれしいところ。昭和の風情を色濃く残す店内で、肩肘張らずに極上の串を味わいたい。

コース
2200円

モモの塩焼き、タレで味つけしたレバー、ササミのワサビ焼き、手羽先など。コースには鶏スープやサラダ、箸やすめの大根おろしがつく

美味しいおしんこ
400円

50年ものの糠床で毎朝漬ける店の名物だ

海苔茶漬け
700円

鰹ダシをかけて風味も豊か。あっさりとして〆にうってつけ

しいたけ
1000円

傘の部分に鶏の首肉のたたきを詰めて焼き上げる

アスパラ巻
600円

鴨の胸肉で巻き、アスパラとの相性も抜群だ

武ちゃん

東京都中央区銀座4-8-13 ☎03-3561-6889 [営]17時~21時半(21時10分LO) [休]日•祝 [席]カウンター20席、テーブル2席×2卓、座敷6席×1卓 計30席/禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A7出口から徒歩2分

電話番号 03-3561-6889
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。
更新: 2019-02-21 10:58:47
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt