MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
リールズ(珈琲店/雑司ヶ谷)|凝縮したコクと苦味口中に大きく香り広がるダッチコーヒー

リールズ(珈琲店/雑司ヶ谷)|凝縮したコクと苦味口中に大きく香り広がるダッチコーヒー

まずはダッチコーヒーを口に運びひと口。なめらかで凝縮したコクと苦味。

リールズ(最寄駅:雑司が谷駅・鬼子母神前駅)

飲み込むと口の中に香りが広がり、やさしい甘みも感じられる。うーん、旨いよなあ、この水出しコーヒー。しかも、飲み進めても一向に薄くならず、むしろちょうどよい濃さに。 どのコーヒーにもひとかたならぬこだわりを語る店主の宮宗俊太さんに、その秘密の一端を聞くのが面白い。「豆は深煎りで、苦味や甘みを持つケニアやマンデリンを専用にブレンドして、濃厚に抽出しています。水出しはコツはあるけど、繊細な味が全部出るんですよ」 苦味の中に抜けていく清涼感が心地いい。

アイスコーヒー、ダッチコーヒー
650円、700円

奥の「アイスコーヒー」は熱湯抽出した深煎りコーヒーを急速冷却したタイプ。よく冷えて薄まりにくく、濃厚で味の輪郭もしっかり

ブレンドコーヒー
600円

人気のNo.5ブレンド、軽快なフレーバーでほどよい苦味。余韻も心地いい

マンゴープリン
550円

リールズ

東京都豊島区雑司が谷2-8-6 [TEL]03-6913-6111 [営業時間]11時~20時(日・祝~19時)※ランチタイム有  [休日]月 [席]カウンター6席、テーブル14席 計20席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄副都心線雑司が谷駅2番出口から徒歩2分、都電荒川線鬼子母神駅から徒歩30秒

電話番号 03-6913-6111
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt