MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

ブレンドで言うと、ドゥミタスに近い濃さ」というアイスコーヒーは、ネルドリップで丁寧に淹れられている。豆は開店以来入れている「コクテール堂」のもので、専用の苦味のある深煎りだ。

トロワ シャンブル(最寄駅:下北沢駅)

濃さのみならず、その中に感じられる深みとコーヒーだよなあという表情が印象的な一杯。「濃く落として、周りを氷で冷やすんですが、落としたてではなく、ある程度落ち着かせてからお出しします」とは店主の松崎寛さん。「この店の味」を大切にしていて、いつ行ってもブレがないのもいい。使い込まれたカウンターに腰を落ち着け、いつもの一杯を味わうというのが至福である。

アイスド・コーヒー
600円

アイスコーヒーは170gの豆を使って1ℓ、ブレンドと比べるなら50gくらい多い豆を使って濃く落とされる。36年前から変わらないチーズケーキとも相性抜群

チーズケーキ・レア
400円(セット900円)

ニレブレンド
550円

ニレとカゼ、煎りの深さが違う2種類のブレンドがある

オ・レ・グラッセ
600円

甘いミルクの上にコーヒー、クリームが重なる。次第に混ざる味わいが楽しい

トロワ シャンブル

東京都世田谷区代沢5-36-14 湯浅ビル2階 [TEL]03-3419-6943 [営業時間]9時半~23時 ※ランチタイム有  [休日]年末年始 [席]カウンター8席、テーブル17席 計25席/全席喫煙可/平日予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]小田急ほか下北沢駅南口から徒歩5分

電話番号 03-3419-6943
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
更新: 2019-05-14 15:41:54
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-05-14 16:04:04
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-05-15 15:25:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-05-16 10:49:02
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-05-16 10:55:13
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt