カフェ香咲(珈琲店/外苑前)|自慢のコーヒーのまろやかな味の秘密はエイジングにあり

カフェ香咲(珈琲店/外苑前)|自慢のコーヒーのまろやかな味の秘密はエイジングにあり

約7種類の豆をブレンドした自慢のコーヒーの美味しさの秘訣は、淹れたらすぐに高いところから何度か落とすエイジング。「ワインのように空気に触れさせ、少し時間を置いた方が舌への刺激が少なくなるんです」と店長の愛さん。


カフェ香咲(最寄駅:外苑前駅)

きりっと冷えたアイスコーヒーは、酸味と苦みのバランスがよく驚くほどまろやかだ。人気の「アイス・オレ」はコーヒーの酸味にクリーム感のある濃厚なミルクとの相性抜群。甘みが入るとさらにコクが増すのでシロップ入りをオーダーしたい。

アイスコーヒー、アイス・オレ 710円、710円

アイスコーヒーでも香りが豊か。ワインのような豊潤な香りが心地よい

ホットケーキ 750円

表面はパリッ、中はモチモチのホットケーキ。創業者の志津子さんがスタッフの賄いとして作っていたらお客さんからのリクエストでメニューに昇格

香咲ブレンド 660円

カフェ香咲

東京都渋谷区神宮前3-41-1 [TEL]03-3478-4281 [営業時間]11時半~20時半(20時LO)、土・日・祝~18時(17時半LO)※ランチタイム有  [休日]月(祝の場合は営業) [席]カウンター10席、テーブル10席 計20席/全席禁煙/予約可(平日のみ)/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線外苑前A3出口から徒歩5分

電話番号 03-3478-4281
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


アイスコーヒーの名店、東京都内8選!これからの時季にピッタリな至福の味!

アイスコーヒーの名店、東京都内8選!これからの時季にピッタリな至福の味!

豆、ブレンドの割合、抽出法にこだわり、まろやかでコク深く作られたアイスコーヒー、遊び心あふれるアレンジアイスコーヒー。これからの時季にピッタリな至福の味を楽しませてくれる店を紹介します。


紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

60年の歴史を持つ店内に足を踏み入れると、美術館のようなアンティークの家具や置物に目を奪われる。優雅な気分になるのは開店当時から変わらぬ内装だけではない。


トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

ブレンドで言うと、ドゥミタスに近い濃さ」というアイスコーヒーは、ネルドリップで丁寧に淹れられている。豆は開店以来入れている「コクテール堂」のもので、専用の苦味のある深煎りだ。


絶品なのが「あんみつコーヒー」この組み合わせ、クセになる!|邪宗門 世田谷店(珈琲店/世田谷代田)

絶品なのが「あんみつコーヒー」この組み合わせ、クセになる!|邪宗門 世田谷店(珈琲店/世田谷代田)

レンガ造りで味のある外観から店内に足を踏み入れると、所狭しとアンティークが置かれ、使い込まれたレトロな空間には何とも懐かしさを覚える。店主の作道明さんが通ううちに憧れたという“宗家”邪宗門の故・名和さんがそうであったように、作道さんがニコニコしながら時々マジックを披露してくれるのもまた楽しい。


カフェ ドゥ ワゾー|たっぷりの豆を使った芳醇で苦味ある至福の味わい(珈琲店/阿佐ヶ谷)

カフェ ドゥ ワゾー|たっぷりの豆を使った芳醇で苦味ある至福の味わい(珈琲店/阿佐ヶ谷)

しっかりした苦味とコクに穏やかな酸味が加わり、口の中に心地よい余韻が残る。開店して32年の老舗が供する自慢のアイスコーヒーは「深煎りの豆を粗挽きにしてたっぷり使い、氷に負けない味を引き出す」(店主・宗さん)のが秘訣なのだとか。


最新の投稿


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

 函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。


焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

 お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。


ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

 「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。


焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

 路地裏に名店ありとはよく言うが、この店がまさにそう。メニューは焼鳥のおまかせコース1本のみ。


ランキング


>>総合人気ランキング