絶品なのが「あんみつコーヒー」この組み合わせ、クセになる!|邪宗門 世田谷店(珈琲店/世田谷代田)

絶品なのが「あんみつコーヒー」この組み合わせ、クセになる!|邪宗門 世田谷店(珈琲店/世田谷代田)

レンガ造りで味のある外観から店内に足を踏み入れると、所狭しとアンティークが置かれ、使い込まれたレトロな空間には何とも懐かしさを覚える。店主の作道明さんが通ううちに憧れたという“宗家”邪宗門の故・名和さんがそうであったように、作道さんがニコニコしながら時々マジックを披露してくれるのもまた楽しい。


邪宗門 世田谷店(最寄駅:世田谷代田駅)

絶品なのがこちらの「あんみつコーヒー」。自家製の寒天を使いあずきとアイスクリーム。ここに黒蜜の代わりに濃厚なコーヒーとミルクをかけるのだが、コーヒーの苦味が絶妙にマッチして何ともさっぱり。いつしか名物になったのも頷ける味!

あんみつコーヒー 800円

あんみつコーヒーは「アンパンを食べながらコーヒーを飲んでいて思いついた」とか。ブレンドはモカベースで酸味が利いてるのが特徴。懐かしい味わいだ

邪宗門 世田谷店

東京都世田谷区代田1-31-1 [TEL]03-3410-7858 [営業時間]9時~20時(早く閉店することもあり)※ランチタイム有  [休日]木、不定休 [席]テーブル30席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]京王井の頭線世田谷代田駅から徒歩9分

電話番号 03-3410-7858
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


鮨処 まる(寿司/世田谷代田)|お客第一の姿勢に惚れるわずか8席のおもてなし空間

鮨処 まる(寿司/世田谷代田)|お客第一の姿勢に惚れるわずか8席のおもてなし空間

駅から決して近くない。だからこそ「落ち着いた空間で丁寧に接したい」と大将の柴木さん。


アイスコーヒーの名店、東京都内8選!これからの時季にピッタリな至福の味!

アイスコーヒーの名店、東京都内8選!これからの時季にピッタリな至福の味!

豆、ブレンドの割合、抽出法にこだわり、まろやかでコク深く作られたアイスコーヒー、遊び心あふれるアレンジアイスコーヒー。これからの時季にピッタリな至福の味を楽しませてくれる店を紹介します。


紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

紅鹿舎(珈琲店/有楽町)|優雅な味と銅製のポット「昭和レトロ」な世界に迷い込む

60年の歴史を持つ店内に足を踏み入れると、美術館のようなアンティークの家具や置物に目を奪われる。優雅な気分になるのは開店当時から変わらぬ内装だけではない。


トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

トロワ シャンブル|苦味の中にある表情がいいブレのないいつもの味(珈琲店/下北沢)

ブレンドで言うと、ドゥミタスに近い濃さ」というアイスコーヒーは、ネルドリップで丁寧に淹れられている。豆は開店以来入れている「コクテール堂」のもので、専用の苦味のある深煎りだ。


カフェ ドゥ ワゾー|たっぷりの豆を使った芳醇で苦味ある至福の味わい(珈琲店/阿佐ヶ谷)

カフェ ドゥ ワゾー|たっぷりの豆を使った芳醇で苦味ある至福の味わい(珈琲店/阿佐ヶ谷)

しっかりした苦味とコクに穏やかな酸味が加わり、口の中に心地よい余韻が残る。開店して32年の老舗が供する自慢のアイスコーヒーは「深煎りの豆を粗挽きにしてたっぷり使い、氷に負けない味を引き出す」(店主・宗さん)のが秘訣なのだとか。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング