MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
瀧口|ワインに合わせた、新感覚の焼き鳥コース(焼き鳥/泉岳寺)

瀧口|ワインに合わせた、新感覚の焼き鳥コース(焼き鳥/泉岳寺)

長年、京懐石で腕を磨いた店主・瀧口雄吾さんが打ち出すのは、コースとしての焼き鳥だ。ここでしか食べられない新感覚の焼き鳥コースを、ワイングラス片手に堪能したい。瀧口 (タキグチ)[交]都営浅草線泉岳寺駅A2出口から徒歩1分

瀧口(最寄駅:泉岳寺駅)

 長年、京懐石で腕を磨いた店主・瀧口雄吾さんが打ち出すのは、コースとしての焼き鳥だ。月ごとに季節感あふれるテーマにそった料理を組み立てている。 前菜からはじまる10品以上(月ごとに品数は変わる)にも及ぶ、目にも鮮やかな料理の数々は、和の食材を使用しつつもフレンチやイタリアンのエッセンスを巧みに取り入れているのが特徴的。ソースやアクセントに、フルーツやバルサミコ酢などを加えることで、ワインに合う味付けに仕上げているのだ。 ワインリストに並ぶのは、インポーターから仕入れる約50種類ものカリフォルニア産ワイン。自身が十数年前に旅行で訪れたナパ・バレーで飲んだ味の感動を、今も店で伝えている。 ここでしか食べられない新感覚の焼き鳥コースを、ワイングラス片手に堪能したい。

季節のコース
5184円から

自家製つくねと胸肉の炙りにせせり串、比内地鶏のレバーとはつ、ねぎま串と手羽先(※季節のコースから、ほか同)
ゴボウ入りで食感よく仕上げたつくねをはじめ、濃厚な旨みがあふれる比内地鶏のレバーとハツなど、充実の串もの

前菜

多彩な味を楽しめる前菜

松茸の炭火焼、鶏の贅沢コンソメスープ

贅沢な香りを堪能できる松茸の炭火焼と、鶏の滋味を凝縮させたスープ

フランス産鴨のフィレと柿のキャラメリゼ

柿の甘さが鴨肉と相性抜群

土鍋釜ご飯 トリュフと南部鶏卵の卵かけ

鶏そぼろや鮭ほぐしなど10種類以上のご飯のお供がつく

瀧口

東京都港区高輪2-16-35 ☎03-6684-3840 [営]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時LO)※土•祝はディナーのみ営業 [休]日 [席]カウンター18席、4名用個室2室 計26席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10%別 [交]都営浅草線泉岳寺駅A2出口から徒歩1分

電話番号 03-6684-3840
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
更新: 2019-08-06 12:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt