MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
開店早々満員になる、なんば界隈の名物店だ。|魚屋ひでぞう 立ち呑み店(居酒屋/難波)

開店早々満員になる、なんば界隈の名物店だ。|魚屋ひでぞう 立ち呑み店(居酒屋/難波)

黒門市場で鮮魚店を営む店主が、厳選した魚介類をカジュアルに提供。開店早々満員になる、界隈の名物店だ。

魚屋ひでぞう 立ち呑み店(最寄駅:なんば駅)

本気の魚好きが厳選旬魚と地酒でサク飲み

「刺身盛合せ(5種)」のほか、「鯛かま焼き」(432円)などの焼き物もイチオシ。手作りの一品も好評だ。

刺身盛合せ(5種)
702円

ポテトサラダ
216円

牛すじどて煮
378円

亀齢
378円

魚屋ひでぞう 立ち呑み店

大阪府大阪市中央区難波千日前9-1 佐々木ビル1階 [TEL]非公開 [営業時間]17時~24時LO [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄御堂筋線なんば駅3番出口よりNAMBAなんなんE9番出口から徒歩4分

電話番号 非公開
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
使い込まれた南部鉄器の鉄瓶から柄杓で湯をすくい急須に入れる。その佇まいがすでにいいじゃないか。
更新: 2019-03-03 18:00:00
店名通り、トロットロの豚の角煮が名物で、お楽しみなので書かないけど、食べ方にも一工夫あり。で、角煮やお刺身とも抜群の相性なのが「コウバシ茶割り」。
更新: 2019-03-02 18:00:00
最新の投稿
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-03-26 16:05:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt