MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とり茶太郎|確かな味の焼き鳥で、しっぽりと杯を傾ける幸せ(焼き鳥/渋谷)

とり茶太郎|確かな味の焼き鳥で、しっぽりと杯を傾ける幸せ(焼き鳥/渋谷)

「とり茶太郎」は、最寄り駅が渋谷とは思えぬほど、街の喧騒から一歩離れた場所にひっそりと佇む。知っていると自慢できる店だ。焼き鳥屋では珍しい「ほろほろ鳥」や、深い旨みの「一黒シャモ」(仕入れで変わる)など常時4、5種類の地鶏と鴨の串焼きが、初心者はもちろん通の舌をも唸らせている。[交]渋谷駅西口から徒歩8分

とり茶太郎(最寄駅:渋谷駅)

いくつかの鶏を使い分ける組み合わせの面白さに加えて、「背肝(腎臓)」や「鴨のハツ」など希少部位が豊富に揃うのも嬉しい。
タレは基本の配合にワインなどを入れ、さっぱりとしながらもコク深い味。塩は佐賀の海水塩など2種をブレンド。焼き方は部位ごとにレアにしたり、しっかり焼いたりとメリハリを効かせている。酒の種類も豊富で、日本酒なら大阪の「秋鹿」がおすすめ。酸味のバランスが良く、焼き鳥にすこぶる合う。

おまかせ串6本コース
2916円

おまかせ串6本コースから・写真は銀杏、ささみ、おたふく(鴨の胸腺)、血肝、手羽先、特撰もも肉(ほろほろ鳥)あぶり焼き(+216円)
内容は日によって変わる。一黒シャモの血肝やほろほろ鳥のささみなど銘柄もさまざま

本日の燻製盛合せ(2名用)
1728円(その日の仕入れで変わる)

比内地鶏のきんかんなどを桜チップで燻製に。ワインに合う一品

日本酒 秋鹿など

「秋鹿」純米吟醸の無ろ過生原酒の限定品(中央)など

特撰もも肉(ほろほろ鳥)あぶり焼き

コースの1本は追加料金で「あぶり焼き」に変更できる

本日の刺身盛合せ(2名用)
2160円(その日の仕入れで変わる)

ほろほろ鳥のロースのたたきなど新鮮な刺身

とり茶太郎
渋谷

■とり茶太郎
[住所]東京都渋谷区鶯谷町7-12
[TEL]03-6416-0364
[営業時間]18時~24時、日17時~23時
[休日]月(月1回は日休み)
[座席]カウンター8席、掘りごたつ式個室4名×1室、半個室テーブル2席×1卓、計14席/全席禁煙/要予約/カード可(1万円以上)/サなし、お通し648円別
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅西口から徒歩8分

電話番号 03-6416-0364
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt