MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
お取り寄せ試食レポート「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」を食べてみた!

お取り寄せ試食レポート「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」を食べてみた!

「スタミナフードをお取り寄せ」ランキング2位、「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」のお取り寄せ試食レポート。

肉ダネとチーズのパンチの効いた味がやみつきに!

北海道産を中心に、厳選した国産食材を使用。ニラやニンニクをたっぷり入れた豚・鶏肉の肉ダネを、もちもち食感の厚皮で包んだ。焼き上がりのパリッとした皮を噛めば、肉汁がジュワッと溢れ出て、パンチのある旨みが口いっぱいに広がる。チーズ餃子も、その濃厚さがやみつきに。食べるほどに元気が湧いてくる餃子だ。

試食会での評価

「モッツァレラとチェダーの2種のチーズが入ったチーズ餃子は、まろやかな口当たりで美味」

「もちもちの皮とジューシーな具の相性が秀逸」

「ニンニクが強めだが、“これぞスタミナ!”という感じで、元気が出てくる(笑)」

商品規格

○名称:餃子
○価格¥ 3,980 (税別)送料込/¥ 4,298 (税込)送料込
○内容量:餃子20個×2袋、チーズ餃子15個×1袋
○原材料
豚肉、鶏肉、キャベツ、ニラ、にんにく、生姜、塩、胡椒、砂糖、調味料(アミノ酸等)、皮(小麦粉、発行調味液、塩、動物油、澱粉、乳酸NA、炭酸ca)

○配送形態:冷凍
○保存方法:冷凍
○賞味期限:冷凍3か月
○熨斗:可(弔事は不可)
○名入れ:可
○包装:可
○手提げ:可
○備考:冷凍のまま調理
○販売者:【株式会社宝永】〒068-0044 北海道岩見沢市北4条西8丁目2-13

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
これまで3000種類以上のレトルトカレーを食べてきたカレー・スパイス料理研究家の一条もんこさん。 そんな一条さんオススメの商品を、部門別に1~3位(3食セット)で販売します! 目が覚めるような美味しさのレトルトカレー、ぜひこの機会にお試しを!
今まで食べたご飯のお供は約900食!日々ご飯のお供について研究、情報発信する「おかわりJAPAN」主宰、長船邦彦さんが『おとなの週末』のためにおすすめのお取り寄せを厳選。ここでしか買えない限定商品も紹介。ギフトにおすすめ。
日本海に面した北陸地方は魚介を中心に美味の宝庫です。それら素材の良さを引き立てる加工や味付けで仕上げた逸品揃い。明太子、干物にちまき…。どれも昔から私たちが親しんでいる食べ物ですが、今回ご紹介しているのはひと味もふた味も違う美味しさでした。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
夏休みやお盆休みなどの連休中、焼き肉用の肉は、普段ちょっとお高め価格になっていますよね。バーベキューや焼き肉で「とにかく焼く!たっぷり食べる!」ための肉は、予めお取り寄せしておくと、とってもお得。編集部員がスタジオで実際に焼いて食べ、選び抜いた上位6品を、お手頃価格のものから順番にご紹介します!
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
208views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt