MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
最新のグリルオーブンで焼き上げる絶品ステーキ(ステーキ/愛宕)

最新のグリルオーブンで焼き上げる絶品ステーキ(ステーキ/愛宕)

XEX ATAGO GREEN HILLS STEAK HOUSE by Salvatore(ゼックス アタゴ グリーンヒルズ / サルヴァトーレ) 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズ MORIタワー42F ☎03-5777-0065_[営]ランチ11時半〜15時半(14時半LO)、ディナー17時半〜22時半

XEX ATAGO GREEN HILLS STEAK HOUSE by Salvatore(最寄駅:神谷町駅)

 人気店「サルヴァトーレ・クオモ」のイタリアンをベースに、10月1日にリブランドオープンしたチャコールグリルステーキハウス。世界の名だたるレストランで導入され始めたジョスパーグリルオーブンを国内でいち早く導入。このオーブンは熱効率がよいため、短時間で焼き上げられるのが特徴で、雪室熟成肉や野菜の旨みを一番いい状態で閉じ込め、嚙むと口のなかにじゅわっと広がるおいしさを味わうことができる。アラカルトも充実しており、「好きなものを好きなだけ食べたい」というわがままなリクエストにも応えてくれる。42階のフロアは、東京中が一望できる大パノラマが広がる、ほかでは味わえないプレミアムな空間。間近に迫る東京タワーを眺めながら、大切な人と、とっておきの時間を過ごしてみては。 ステーキを堪能したあとは、同じフロア内にある「和食An」で寿司をつまみ、「The BAR」で一杯、という粋な楽しみ方もできる、大人のための贅沢な空間だ。

「オーストラリア産ブラックアンガス牛リブロース300g」
6000円(サ・税別)

雪室21日熟成肉を使った、「オーストラリア産ブラックアンガス牛リブロース300g」。旨みを逃さずに焼き上げられた素材は、肉も野菜も驚くほどジューシー。

「XEXスペシャル シーフードプレート」
写真は2名分9000円(サ・税別)

この日(写真)のメニューはロブスター、牡蠣、生クラム、タコのマリネ、カリフラワーのムース生ウニ添え、上海蟹、タラバガニのマリネ・キャビアのせの7種盛。

XEX ATAGO GREEN HILLS STEAK HOUSE by Salvatore

東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズ MORIタワー42F ☎03-5777-0065_[営]ランチ11時半〜15時半(14時半LO)、ディナー17時半〜22時半(LO)_[休]無休(ビル休館日は休業)[席]83席_サ15%、チャージ料なし_[交]地下鉄日比谷線神谷町駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-5777-0065
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
グルメライターが渋谷のステーキ店[PEKO CISE(ペコシセ)]を実食レポート。近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。[住所]東京都渋谷区神山町4-18
THE OLD STATION(オールドステーション)/ステーキ/東京駅|徹底管理のドラフトビールを提供するビアホール。華やかな香りと甘み、最後のコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、6種類のビールが揃う。
 牛肉を豪快かつリーズナブルに味わいたい! そんな願いをかなえるのが2016年にオープンしたこちらの肉バルだ。
 恵比寿で20年続く家庭的な雰囲気の鉄板焼き店。勝浦で精肉店も経営する店主の府川さんが選び抜いた上質な牛肉を、目の前の鉄板で焼き上げてくれる。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt