神楽坂の唸るラーメン!「澄まし麺 ふくぼく」の「究極のかけそば」

神楽坂の唸るラーメン!「澄まし麺 ふくぼく」の「究極のかけそば」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、神楽坂のいま食べておきたい唸るラーメンは「澄まし麺 ふくぼく」の「究極のかけそば」


澄まし麺 ふくぼく(最寄駅:牛込神楽坂駅・神楽坂駅)

ダシと麺だけで勝負和食職人が繰り出す究極のかけそば

 「ふくぼく」が伝えたいラーメンは“ダシと麺”の味わい。潔いまでにシンプルを貫く「澄まし麺」は、見た目とは裏腹に、ひと口目から驚くほど力強い旨みに引き込まれる。それもそのはず、ラーメンを作っているのはプロの和食職人。天然真昆布をメインに、削りたての鰹節と煮干しの旨みを重ね、本物のダシを作り出しているのだ。スープに使うのはダシと塩だけ。飾るものがない分、国産小麦で作る麺の香りや甘み、旨みがダイレクトに伝わってくる。もうひとつの看板「醤油かけ麺」も、平打ち麺に再仕込み醤油を和えただけというシンプルなスタイルながら、これがまた実に美味。醤油が放つまろやかな甘みや旨みが麺に見事に絡み、箸が止まらない。卓上のごま油をかけると、一層香り高く、深い味わいに昇華する。

澄まし麺(並盛) 700円

醤油かけ麺共にアオサとネギが付く

醤油かけ麺(並盛) 680円

実に風味豊か

鴨だしご飯 380円

鴨が香る炊き込みご飯

澄まし麺 ふくぼく

[住所]東京都新宿区神楽坂5-7 [TEL]03-6265-0958 [営業時間]11時半~14時(スープがなくなり次第終了)※ランチタイム有  [休日]不定 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩3分、地下鉄東西線神楽坂駅神楽坂口から徒歩5分

電話番号 03-6265-0958
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。


女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。


埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。


”ちょうどいい”サシの牛肉は噛むと旨みがジュワッ!奥渋谷『PEKO CISE』

”ちょうどいい”サシの牛肉は噛むと旨みがジュワッ!奥渋谷『PEKO CISE』

近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。


文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェ『BUNDAN COFFEE & BEER』では、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング