MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「あさりチャーハン」は逸品!|みんみん(中華料理/吉祥寺)

「あさりチャーハン」は逸品!|みんみん(中華料理/吉祥寺)

吉祥寺ハーモニカ横丁を代表する中華料理の名店。大きめサイズのジューシーな「餃子」(5個450円)が名物だが、あさりの身がたっぷり入った「あさりチャーハン」もファンの多い逸品。[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9

みんみん(最寄駅:吉祥寺駅)

冷え冷えの瓶ビール(550円)と味わえば、至福この上なし。

あさりチャーハン(スープ付)
720円

みんみんの店舗情報

■『みんみん』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
[TEL]0422-22-5015
[営業時間]11時~21時 ※ランチタイム有
[休日]木曜日

電話番号 0422-22-5015
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt