MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

化学調味料に頼らず、天然の“旨み”を追求。看板メニューは「丸鶏ラーメン」。麺屋はちどり 都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

麺屋はちどり(最寄駅:板橋区役所前駅)

看板メニューの「丸鶏ラーメン」は、名古屋コーチンの丸鶏を軸に、大山どりの首付き胴ガラ、大量のモミジでダシをとった贅沢な内容だ。仕込みの最後に鶏節を入れて蒸らすことで、旨みがたっぷり詰まったスープに、フレッシュな鶏の香りをプラス。濃厚な風味が特長の名古屋コーチンの鶏油を丼で合わせ、重厚感のある鶏スープに仕立てている。足りない旨みはタレでカバー。天然醸造の醤油にカツオ節や昆布、シイタケなどのダシを合わせ、さらに厚みのある味を目指した。麺は、のど越しのよい細ストレート麺。全粒粉を練り込んでいるので、香りもよい。チャーシューは、無添加の醤油で香ばしく味付けたバラロールで、醤油の焦げたような風味が食欲をかき立てる。厚みもあり、食べ応えもなかなか。

丸鶏ラーメン
780円

スープの持ち上げがよい細麺を合わせている

にぼしラーメン(塩)
700円

煮干しスープと鶏スープを3:2の割合でブレンド

背脂にぼしラーメン
750円

丸鶏ラーメンの鶏スープに、カタクチイワシでとった煮干しスープとイワシ節を合わせて作る人気ラーメン。煮干しの風味が効いているが、背脂の甘みでマイルドに中和されているので食べやすい。麺は歯切れのよい流行のスタイル

麺屋はちどり

東京都板橋区板橋3-14-2 ☎03-6909-6646 [営]11時~14時半、17時半~21時※スープがなくなり次第閉店 [休]火 [席]カウンター5席、テーブル4人×2卓、小上がり4人×2卓 全21席 [交]都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分

電話番号 03-6909-6646
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
鰆の幼魚“サゴシ”の煮干しを使った珍しい1杯で勝負する。スープをひと口飲めば、香ばしさと共に驚くほど深いコクと旨みが舌に広がり余韻が続く。
更新: 2019-04-16 09:13:02
 カツオが主役の『Bonito Soup Noodle RAIK』に対して、こちらの主役は貝。アサリでひと口目のインパクト、ホンビノスでパンチ、 ハマグリで余韻と、3種の貝で複雑な旨みを演出している。目指すのは“濃い目のおだし”。
更新: 2019-03-29 12:00:00
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
更新: 2019-01-25 12:00:00
最新の投稿
家庭で簡単に、プロ並みのだしがとれるという、だしポットを発見!  なんと、急須でお茶をいれる容量でだしが取れるらしい!  料理番組でも、料理本でも、レシピに「だし○カップ〜」というコトバが出てくるだけに、 だしをマスターしなければ、お料理上手な奥さまにはなれんばい……!
更新: 2019-04-26 16:05:00
毎度おなじみ、コンビニ最強ダイエット食のサラダチキンです(笑)!  今回は、わりと王道的な感じで、食べる前から「これはアリでしょ!」という印象なのに、なぜか今まで売ってなかった明太子味。 ファミマは新しいフレーバーを定期的に出してくれて、サラダチキンに飽きちゃったはずの自分もついつい買ってしまう……。
更新: 2019-04-26 16:00:00
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
更新: 2019-04-26 12:00:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt