MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

化学調味料に頼らず、天然の“旨み”を追求。看板メニューは「丸鶏ラーメン」。麺屋はちどり 都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

麺屋はちどり(最寄駅:板橋区役所前駅)

看板メニューの「丸鶏ラーメン」は、名古屋コーチンの丸鶏を軸に、大山どりの首付き胴ガラ、大量のモミジでダシをとった贅沢な内容だ。仕込みの最後に鶏節を入れて蒸らすことで、旨みがたっぷり詰まったスープに、フレッシュな鶏の香りをプラス。濃厚な風味が特長の名古屋コーチンの鶏油を丼で合わせ、重厚感のある鶏スープに仕立てている。足りない旨みはタレでカバー。天然醸造の醤油にカツオ節や昆布、シイタケなどのダシを合わせ、さらに厚みのある味を目指した。麺は、のど越しのよい細ストレート麺。全粒粉を練り込んでいるので、香りもよい。チャーシューは、無添加の醤油で香ばしく味付けたバラロールで、醤油の焦げたような風味が食欲をかき立てる。厚みもあり、食べ応えもなかなか。

丸鶏ラーメン
780円

スープの持ち上げがよい細麺を合わせている

にぼしラーメン(塩)
700円

煮干しスープと鶏スープを3:2の割合でブレンド

背脂にぼしラーメン
750円

丸鶏ラーメンの鶏スープに、カタクチイワシでとった煮干しスープとイワシ節を合わせて作る人気ラーメン。煮干しの風味が効いているが、背脂の甘みでマイルドに中和されているので食べやすい。麺は歯切れのよい流行のスタイル

麺屋はちどり

東京都板橋区板橋3-14-2 ☎03-6909-6646 [営]11時~14時半、17時半~21時※スープがなくなり次第閉店 [休]火 [席]カウンター5席、テーブル4人×2卓、小上がり4人×2卓 全21席 [交]都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分

電話番号 03-6909-6646
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt