肉で飲むなら「大井町」、「肉呑み」が最高に楽しい!リーズナブル!

肉で飲むなら「大井町」、「肉呑み」が最高に楽しい!リーズナブル!

南北2本が平行する小路に約50もの飲み屋が並ぶ「東小路飲食店街」とその奥にある「すずらん通り」、「平和小路」。大井町駅東口からすぐ近く「これぞ横丁」的な戦後の風景を思わせる小路は「肉呑み」が最高に楽しい!


肉で飲むなら!大井町!

鳥たか

タイ料理も楽しめるレベルの高い立ち飲み焼き鳥

 2016年7月15日オープンと、この界隈では比較的新しいが、すでに常連客多数の人気店になっている。その秘密はズバリ焼き鳥のレベルの高さ。朝〆めの銘柄鶏を仕入れ、店主自ら串打ちするので、鮮度の良さは申し分なし。しかも、レバー以外のさまざまな部位を使って肉の旨みを凝縮させた「塩つくね」(200円)、半生に仕上げる「白レバー」(180円)、柔らかな「丸ハツ」(200円)など、どの串も文句なしの旨さなのだ。このほか、ぜひ注文したいのがタイ料理。爽快な辛さの「ヤム ウンセン」(360円)やスパイシーなタイ風焼き鳥「ガイ ヤーン」(200円)などをつまみに飲めば、たちまち幸せな気分で酔えること請け合いだ。

写真:串もの各種130円~、レモンサワー340円
写真手前から白レバー180円、塩つくね200円、しゅうまい串180円、丸はつ200円。肉々しい自家製しゅうまいは食べ応えがある

写真:ピリ辛のタイ風春雨サラダは箸休めに最適

[酒]ビール生490円、中瓶550円 焼酎グラス390円~ ワイングラス490円、デキャンタ1550円、ボトル2900円~ 日本酒1合490円~ サワー390円~[その他のメニュー]枝豆の浅漬け499円、牛タンのメンチカツ599円、味噌漬け牛タン799円、タンシチュー799円、いろ葉の焼きそば699円など

店舗情報

写真:店内は10人ほど入れば満員の店内。大勢入れるよう斜めに立つのがお約束。煙モクモクの中、皆楽しそうに飲んでいるのが印象的

[住所]東京都品川区東大井5-3-13 [TEL]なし [営業時間]16時半~24時頃 [休日]不定休 [席]立ち飲み10~13名/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR京浜東北線大井町駅東口から徒歩1分

[お店から一言]
空いてる時間帯はスツールに座ることもできますよ
店主 松原高弘さん

鳥たかの詳細ページへ

牛タン いろ葉

焼き、茹で……魅惑の牛タン料理がすべて1000円以下!

 10種類以上の牛タン料理がすべて1000円以下とリーズナブル。看板メニューの「厚切り牛タンの炙り焼き」(999円)は、分厚い牛タンをシンプルに塩・コショウのみで味付け。ジュージュー音を立てて炙られたのをひと口食せば驚くほど柔らかで、噛むほどに増す濃厚な肉の旨みにノックアウトされてしまう。また、長時間かけてトロトロに煮込まれた「名物 茹でタン」(999円)も必ず頼みたい逸品だ。このほか、酒が進む気の利いたつまみが500円前後で多彩に揃い、のんべいの心をグッとつかむ。1日に少なくても100杯は出るという超人気の「塩レモンサワー」(490円)をお供に“牛タン三昧”を心ゆくまで愉しみたい。

写真:下から厚切り牛タンの炙り焼き999円、いろ葉のポテトサラダ499円、塩レモンサワー490円
香ばしくてサクッと噛みきれる厚切り牛タンは必食! タンがたっぷり入り、塩、コショウ、マヨネーズで仕上げたポテトサラダも酒が進むオススメのつまみ。塩レモンサワーには約1週間漬け込んだ自家製塩レモンを使用。細かくカットされたものがたくさん入るので、適度に潰して濃さを調節できるのがうれしい

写真:適度な焦げ目が食欲を誘う

[酒]ビール生490円、中瓶550円 焼酎グラス390円~ ワイングラス490円、デキャンタ1550円、ボトル2900円~ 日本酒1合490円~ サワー390円~[その他のメニュー]枝豆の浅漬け499円、牛タンのメンチカツ599円、味噌漬け牛タン799円、タンシチュー799円、いろ葉の焼きそば699円など

店舗情報

写真:店内は陽気な客でにぎわう1階席。2階はレトロな雰囲気が漂う座敷席で10人以上の大人数で利用するのに便利

[住所]東京都品川区東大井5-3-13 [TEL]03-6712-8366  [営業時間]16時~24時、日・祝16時~23時 [休日]不定休  [席]1階カウンター13席、テーブル4席×3卓、2階座敷30席 計55席/全席喫煙可/予約不可/カード可/サなし、お通し代250円(税抜き)別 [交通アクセス]JR京浜東北線大井町駅東口から徒歩1分

[お店から一言]
ターンと呑んでターンと食べてくれたら嬉しいです
店長 鈴木 渉さん

いろ葉の詳細ページへ

がんばり亭

レバーの旨さに悶絶絶品やきとんを肴にサクッと一杯!

 東小路飲食店街に店を構えて19年。芝浦から仕入れる朝〆めのモツを使った、鮮度抜群の焼きとんが楽しめる人気店だ。全14種類揃う焼きとんの中で絶対外せないのが「レバー」(130円)。臭みがまったくなく、程よい弾力とレバーならではの旨みに溢れる自慢の一品だ。塩でアッサリ食べるもよし、19年の旨みが凝縮した醤油ベースの秘伝のタレで味わうも、また旨し! その他、シロコロやカシラ、てっぽうなどのモツがゴロゴロ入った「やきとん屋のもつ煮込」(490円)もオススメ。日本酒や焼酎をはじめ、ホッピー、ホイス、電気ブラン、バイスサワーと酒類も充実。

写真:下からやきとん各種130円~、やきとん屋のもつ煮込み490円、日本酒1合790円
焼きとん写真左からハツ130円、バラ肉190円、ハラミ170円、レバー130円、シロコロ170円。煮込みは豆腐、玉子も入ってボリューム満点。日本酒は常時7種類ほどの品揃え 

写真:豚足の唐揚げ590円
高温で素揚げした豚足は皮がパリッとして美味。サルサソースかヒマラヤ岩塩で

写真:酒飲みの楽しそうな熱気に包まれる1階のカウンター席

店舗情報

[住所]東京都品川区東大井5-3-13 [TEL]03-5461-3518 [営業時間]17時~24時、土17時~23時 [休日]日 [席]1階カウンター10席、2階テーブル2席×2卓、4席×3卓  計26席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代350円(税抜き)別 [交通アクセス]JR京浜東北線大井町駅東口から徒歩1分

がんばり亭の詳細ページへ




まだまだあります!肉の店

大人気の立ち飲み屋では和牛ランプ肉を使ったとびきり贅沢な牛タタキが味わえ、バルでは個性的な馬肉の寿司が楽しめる。大井町の横丁には、ぜひ立ち寄りたい肉呑みの名店が他にもあるんです!

串揚げ らんまん

 2016年11月に寿司屋から串揚げ店に様変わり。定番の豚ヒレ100円のほか、ささみゆずこしょう100円、サーロイン300円などの肉串や、甘味100円といったアイデア串が楽しめる。赤鶏料理やさつま揚げも美味!

[住所]東京都品川区東大井5-3-1 1・2階 [TEL]03-5479-0558 [営業時間]17時~24時 [休日]日

串揚げ らんまん の詳細ページへ

大井町 バル肉寿司

 馬・牛・鶏・鴨の肉寿司が約30種類揃い、1貫190円~(注文は基本2貫~)。さっぱりした馬肉の赤身190円やローストビーフ230円がシャリに合う。お得な盛り合わせは650円~。爽やかな酸味のセロリガリ390円も美味

店舗情報

[住所]東京都品川区東大井5-4-13 [TEL]03-5461-2518 [営業時間]16時~24時、日・祝~23時 [休日]不定休 ※予約不可

大井町 バル肉寿司の詳細ページへ

肉のまえかわ

 大井町の横丁を代表する立ち飲み屋。元肉屋だけあり、ショーケースには和牛ランプのタタキ650円、チャーシュー300円などが並び、すこぶる旨い。焼酎の梅割り270円など酒類もお手頃。箸の代わりに串で食す、食器類はセルフで返却など独自ルールがあり最初は戸惑うが、慣れれば楽しく酔える店だ。

店舗情報

[住所]東京都品川区東大井5-2-9 [TEL]03-3471-2377 [営業時間]16時~21時半(21時15分LO) [休日]日、毎月1回連休(基本は日・月)

肉のまえかわの詳細ページへ



肉以外の魅力もたっぷり

肉呑みだけが大井町の魅力? いえ、そうじゃありません! そこでここでは超炭酸で喉と脳天にズドンと響くハイボール専門店と、国内産活鰻を使った串や丼が人気の2軒を紹介。いやぁ、大井町の横丁はホント奥が深い!

大井町ハイボール

 ビルの2階、急な階段を上った先にあるハイボール専門店。看板メニューは超炭酸の角ハイボール400円。サーバーから直接グラスに注がれるハイボールは氷なしでキーンと冷えている。グビッと飲めば、シュワッと一気にスパークして、気分爽快だ。その他、山崎、白州など8種類ほどのウイスキーが揃い、ハイボールを提供する。気さくなマスターとの会話を楽しみながら、心ゆくまで味わいたい。

店舗情報

[住所]東京都品川区東大井5-3-1 東小路2階 [TEL]非公開 [営業時間]20時頃~24時頃 [休日]日

大井町ハイボールの詳細ページへ

3代目 むら上 大井町店

 東小路飲食店街の先、平和小路の最奥にある国産にこだわった鰻の店。店を任されて4年目の店長が炭火で丁寧に焼き上げる鰻は、表面が香ばしく中はふわりで、まだ20代とは思えない熟練を感じさせる美味しさ。丼1600円(うな重は2400円)だけでなく、串焼きメニューも豊富で(短尺500円、きも焼350円など)、それらを酒の肴として楽しみに来る客も多い。連日行列の人気店となっている。

店舗情報

[住所]東京都品川区東大井5-7-15 [TEL]050-5869-3863 [営業時間]16時半~22時、金・土・日11時半~14時、16時半~22時 ※ランチタイム有  [休日]月

3代目 むら上 大井町店の詳細ページへ



大井町の横丁取材の感想。大井町・横丁ハシゴ酒肉呑みにドハマりする

編集・武内「大井町の横丁取材の感想はどうでしたか?」

ライター松田「横丁はどこもそうだけど、大井町もパワフルだよね。ぐるっと一周して15分足らずの狭いエリアに約50軒がびっしり! 純和風居酒屋にワインバー、中華、洋食、スナックとジャンルもさまざまのゴチャゴチャ感が、すごくイイ感じでしたよね」

武内「ハシゴ酒には本当に最高のロケーションですよね。特に印象的だったのは?」

松田「やっぱり外せないのは『肉のまえかわ』でしょうね。セルフで箸の代わりに串でつまみをつつくなど初心者はとまどうかもしれないけど、酔っ払いの先達があれだけ幸せそうに呑んでるところを見ると、もはや敬服しかない。“肉の”と言うだけあって、和牛ランプのタタキもチャーシューも文句なしの美味しさだし」

武内「焼き鳥の『鳥たか』もいい店だったなぁ。塩つくね、丸ハツ、白レバー……。串打ちも焼きも、店主の情熱が伝わってくるようで納得の旨さ。店内は煙モクモクだけど、いつも混んでるのがわかる(笑)」

松田「見た目は正統派の焼き鳥なのに、いきなりタイ料理もあるのが面白いですよね。しかも、ピリ辛で酒が進む!」

武内「『牛タン いろ葉』の厚切り牛タンの炙り焼きも絶品でしたね。塩と酸味が絶妙のバランスの塩レモンサワーと神がかり的な相性の良さ!」

松田「やきとんは『がんばり亭』に一票! 特にレバーの旨さには久々に感動しました。いつもは鶏派だけど、ここのレバーは本気推しです」

武内「『バル肉寿司』も忘れちゃダメですよ。〆につまむのもいいですが、ハシゴ酒途中のエナジーチャージにも最高」

松田「気づけば、“肉”ばかりをつまみに、呑みまくってましたよね。しかも、どこももう一度通いたいレベルの高い店ばかりで」

武内「ひと昔前はもっと客引きのお姉さんが多くて、かなりディープだったけど、今はすっかり通いやすくなったし」

松田「ふうん、そうなんだ。お客さんたちも明るい酔っ払いが多い感じだよね。まだまだ入ってみたい店がいっぱいの大井町に大満足しました!」

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


木の花(そば/大井町)|蕎麦前と酒の後に蕎麦をつるりっ、大人気のコース

木の花(そば/大井町)|蕎麦前と酒の後に蕎麦をつるりっ、大人気のコース

大井町エリアのそば屋「木の花」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。蕎麦は冷たいせいろと温かいかけのみという潔さ。料理と酒を楽しんだ後に〆で味わうことを意識して、「つるっとのど越しよくスッキリした後味」を目指している。[交通アクセス]JR京浜東北線ほか大井町駅西口から徒歩5分


夏こそ、餃子!大井町で「餃子」と「テキーラ」|Gatito(餃子/大井町)

夏こそ、餃子!大井町で「餃子」と「テキーラ」|Gatito(餃子/大井町)

大井町のテキーラ専門バー「Gatito」で扱うのはアガベ(竜舌蘭)100%の正統派テキーラのみ。その数およそ300本。


華林(中華料理/大井町)|これぞ「回鍋肉」!!豚肉がたっぷりで◎

華林(中華料理/大井町)|これぞ「回鍋肉」!!豚肉がたっぷりで◎

“回鍋”の意味である、一度熱を通してから再度炒められた豚肉が、キャベツの奥からたくさん出てくる。バランスのよい味わいにも感服。


三代目 むら上(うなぎ/大井町)|大井町で国産にこだわった鰻の店

三代目 むら上(うなぎ/大井町)|大井町で国産にこだわった鰻の店

「三代目 むら上 大井町店」は大井町駅より東小路飲食店街の先、平和小路の最奥にある。国産にこだわった鰻(うなぎ)の店、店を任されて4年目の店長が炭火で丁寧に焼き上げる鰻は、表面が香ばしく中はふわりで、まだ20代とは思えない熟練を感じさせる美味しさ。


馬・牛・鶏・鴨の肉寿司が約30種類!|大井町 バル肉寿司(寿司/大井町)

馬・牛・鶏・鴨の肉寿司が約30種類!|大井町 バル肉寿司(寿司/大井町)

馬・牛・鶏・鴨の肉寿司が約30種類揃い、1貫190円~(注文は基本2貫~)。さっぱりした馬肉の赤身190円やローストビーフ230円がシャリに合う。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング