MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
煮干そば 流。(ラーメン/十条)|芳醇な煮干しの旨みが押し寄せる、煮干そば

煮干そば 流。(ラーメン/十条)|芳醇な煮干しの旨みが押し寄せる、煮干そば

「煮干そば流。」の店主手塚さんは、中野にある煮干しそばの名店『さいころ』で店長を務めた人物。修業先で培った技術をベースに、クラシカルで、食べやすい味づくりを目指した。[アクセス]JR埼京線十条駅南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

煮干そば流。(最寄駅:十条駅)

「煮干しラーメンは苦手」
そんな人にこそおすすめしたい煮干しそば


 スープの要とも言うべき煮干しは、産地の異なる3種類のカタクチイワシとマイワシ、ウルメの計5種類を使用。甘みや旨み、香りなど、目的別に5種を使い分けている。煮干しのダシを下支えするのは、ゲンコツがメインの豚骨清湯。チャーシュー用のバラ肉や肩ロース肉もスープで煮ているので、厚みのあるどっしりとした味が楽しめる。煮干し特有の苦みやエグミは皆無で、芳醇な香りと旨みだけをいい所取り。「煮干しラーメンは苦手」という方にこそおすすめしたい、ふくよかな味わいの中華そばだ。

煮干そば

写真:煮干そば(並)750円
国産の中力粉をメインに、2種類の外麦をブレンドした自家製の中太多加水麺。ゆるくウェーブのかかった形状で、もちもちとしている。

ダシの材料
煮干し(カタクチイワシ3種類・ヒラゴ・ウルメ)・ゲンコツ

つけそば(小)
700円

自家製麺の美味しさをダイレクトに楽しみたいなら「つけそば」がおすすめ。小麦の香り、甘みがよく分かる。煮干しが効いた甘酸っぱいつけ汁と刻み玉ねぎとの相性も抜群

油そば

写真:油そば(並)700円
煮干しを効かせたラードや醤油ダレなどを豪快に混ぜて楽しむ

煮干そば 流。の関連記事

煮干そば流。

[住所]東京都北区上十条1-13-2 ☎03-6454-3983 [営業時間]11時~19時、土・日・祝11時〜18時(スープがなくなり次第閉店) [休日]火 [席]カウンター8席 [アクセス]JR埼京線十条駅南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6454-3983
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt