MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[三軒茶屋 グルメ]グルメライター実食!おすすめ6店!

[三軒茶屋 グルメ]グルメライター実食!おすすめ6店!

三軒茶屋の三角地帯をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店のご紹介。赤提灯が重なり、個性派の店が密集する路地裏……大山道(現・玉川通り)と登戸道(現・世田谷通り)の分岐点エリアは、通称「三角地帯」と呼ばれる。世田谷区のもう一つの顔、昭和が色濃く残る飲み屋街のディープな懐の名店をご紹介。

自分好みの宝を探し出せ!三軒茶屋・三角地帯グルメ探検

三軒茶屋のこの場所は、通称「三角地帯」と呼ばれる。世田谷区のもう一つの顔、昭和が色濃く残る飲み屋街のディープな懐の名店をご紹介。

ちさとちゃん

〆にガツンと掻っ込みたい!ド迫力の土手飯

 カウンター越しの鍋でくつくつとたっぷり煮込まれているのは、1本から注文できる名物のどて串。味噌ダレは塩分が少なめの白味噌に、水・ザラメ・黒糖を加えたもの。甘すぎずクドすぎず、鍋に毎日継ぎ足されていくので旨みが濃縮している。どて飯は串から外した牛すじを白米にどーんと乗せたシンプルな一品で、呑みの〆にスプーンでわしわしと口に運びたい。お通しは単品注文でも人気の「もつ煮込み」。気軽に立ち寄りやすく、店主の温かい人柄もあって、会話も弾む店だ。

写真:どて飯 580円どて煮・どて焼きはたっぷりのネギと七味が味噌ダレを引き立てる

写真:森高千里のファンだから屋号を「ちさとちゃん」にしたと語る店主の平野さん。別れ際、お客を一人ひとり見送るその人柄も人気の秘密

写真:やかんビール490円、どて焼き1本150円
生ビールをやかんにたっぷりと入れて出すのがちさとちゃん式。ビールがぬるくなりにくいのだとか。どて串のコクに、酒もどんどん進む

[酒]ビール中生490円 焼酎グラス390円~ ワイングラス420円〜 日本酒1合720円~ [その他のメニュー]もつ煮390円、名古屋どて焼き480円、チューリップ唐揚げ(2ケ)360円、わさび菜つんつん漬け450円、〆サバ590円〜、牛肉コロッケ(2ケ)520円など

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19 1階 [TEL]03-5787-8022 [営業時間]17時~翌2時(1時半LO) [休日]日 [席]カウンター7席、テーブル12席 計19席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し代390円別 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩2分 MAP A

[お店から一言]
新鮮な刺身にも自信アリます。
店主・平野雅史さん

日本酒専門店 采

ツウな日本酒を純米から大吟醸までワンコインで楽しめる

 置いてある日本酒は約60種類と多岐にわたるが、純米から大吟醸までどれを選んでもコップ1杯(約半合)500円。量販店ではなかなか手に入りにくい酒が全国各地から集まっている。何を飲もうか目移りするが、酒の味わいに合わせた銘柄案内が店内の黒板に書いてあるので参考にすると◎。肴は手作りの惣菜から刺身、肉、野菜、珍味までほぼ何でもそろう。自分の気分にとことん合わせた酒と肴の組み合わせに出合える店だ。

写真:お1人様来店限定おつまみ盛り 800円
入ってすぐに出される定番お通しのお粥。1軒目でもハシゴのあとの来店でも、ほんのり温かい汁気で胃が優しく落ち着く。鶏出汁がベースだが、味やトッピングは日替わり

写真:全席立ち飲みの店内。コの字カウンター周りは、1人でマイペースに飲むのに最適

写真:上・夏野菜のトマト煮450円、下・鴨ロースたたき600円
シンプルなようでいてひと手間かかった、味わい深い肴が並ぶ

[酒]ビール中瓶500円 焼酎なし ワインなし 日本酒1杯500円 [その他のメニュー]※毎日入れ替わりあり 刺身盛り合わせ1人前800円、うるめいわし炙り400円、厚揚げ焼き380円、甘長とうがらしのおかか炒め450円、酒盗チーズ350円など

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19 1階 [TEL]03-6453-4511 [営業時間]18時~翌3時(2時LO) [休日]日・第一月(ほか不定休日あり) [席]カウンター12席、テーブル(立ち席)21席 計33席/全席禁煙/予約不可/カード可/お通し代300円別 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩1分 MAP B

[お店から一言]
毎日通うお客様もいらっしゃいます。
店主・三輪英司さん

ラムジンギスカン 羊々

“コの字”カウンターで味わう柔らかジンギスカン

 カウンターを陣取るのは5台のジンギスカン鍋。10人入れば満員の店内だが、窮屈ではない。最初の注文は必ずラムともやしの「ジンギスカンスタートセット」(860円)から。あとはマトンでもロールでも自由に注文可。羊肉専門の卸からチルドで届くため、ドリップが少なく、肉に旨みが残る。飲まずにご飯と食べて帰る「夕飯型ひとり客」も多いとか。

写真:ジンギスカン ラム(中)710円〜
柔らかいラムに店内ではお替わり続出。羊肉の香りが残るマトン、ロールも人気。野菜は各種240円

写真:いちばん最初はスタッフが鍋をさばいてくれるので、ジンギスカン初心者でも大丈夫

写真:ジンしめの焼きうどん290円
肉・野菜を全部焼いたあとに食べる「ジンしめの焼きうどん」(290円)。すべて焼き終わった鍋の上でタレとドライガーリックを混ぜ、スパイシーに焼き上げる

[酒]ビール生ジョッキ620円 焼酎グラス480円〜 ワイン小瓶1200円 日本酒670円 [その他のメニュー]ロール610円 トマト240円、しらたき240円、ごはん240円、ビビンパもどき480円、チャンジャトウフ480円など

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19 1階 [TEL]03-3421-1127 [営業時間]18時~23時LO、日・祝18時~22時LO [休日]火 [席]鍋5台分(カウンター最大11席)/予約可/カード不可/全席喫煙可/サ・お通し代ナシ [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩1分

[お店から一言]
ひとりジンギスカンも大歓迎です!
店主・小梨治さん

薬酒Bar

 ハーブや漢方を漬けた“薬酒”専門の小さなバー。ウコンやショウガなど40〜50種の自家製リキュールが常備され、炭酸と合わせたり、ロックで楽しめる。漢方の五加皮を漬けたウイスキー(写真左)は他にはない苦味で人気。工場産のリキュールとは違い、香りに立体感があり、酒に対する新しい感覚が開くはず。男性客が5 〜6割で、三角地帯で11年続く隠れた繁盛店だ。

写真:五加皮ウイスキー 800円

[酒]ビール生ビール700円、薬酒ビール900円 焼酎700円 カクテル800円ほか [その他のメニュー]周りの居酒屋から各種メニュー随時出前OK、持ち込みOK

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-13-7 [TEL]03-3421-7279 [営業時間]19時~翌2時半(LO) [休日]無休 [席]カウンター6席、2階6席 計12席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅三軒茶屋パティオ口より徒歩1分

[お店から一言]
悪酔いしないお酒がたくさんありますよ♪
店主 花村奈々子さん

なかみち 名西酒蔵

 徳島の素材を活かした料理・酒が中心の店で、看板メニューはすだちを搾り阿波九条葱を散らしたカルパッチョ。残ったネギは味付け海苔と合わせて食べるので、最後まで旨い。

写真:すだちパッチョ 850円

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-15-3 寺尾ビル1階 [TEL]03-5430-1050 [営業時間]18時~翌2時(24時半LO) [休日]不定休 [席]カウンター13席、テーブル28席 計41席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し代400円別 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩3分

和音人 月山

 串焼きを中心に、都市部ではあまり知られていない山形の肉・野菜・酒をたっぷりと提供する。特に山形県河北町の黒毛和牛「千せん日にち和牛」は舌の上でとろける柔らかさだ。

写真:千日和牛 700円

店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-10-16  [TEL]03-6450-9971 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]不定休 カウンター8席、テーブル42席 計50席/分煙/予約可/カード可/お通し代320円別、完全個室1000円 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩5分

再開発前に行くべし! 迷宮・三角地帯の妙

 三軒茶屋、通称“サンチャ”といえば、「こだわりカフェが多い」「キレイめ世田谷区の代表地域」……といった印象があるだろう。しかし世田谷通りと玉川通り(国道246号)に挟まれた「三角地帯」と呼ばれるエリアへ足を踏み入れると、イメージは一転するはず。かつての大山道の分岐点に位置し、終戦後のヤミ市が発祥という三角地帯は、足場もデコボコの細い路地が交差しまくり、古い建物が多い居酒屋密集地なのだ。

 ボロボロのトタン板に囲まれた古い銭湯が残っていたり、長屋のような建物に小さな店が肩を寄せ集まっていたりと、「よくぞ21世紀まで残っていてくれた!」と声をかけたくなるような街並みが広がる。細い道にある店は一見が入りにくい雰囲気があるかもしれないが、一見お断りの店はそのようにわざわざ張り紙をしているくらいで、基本的に排他的な居酒屋は少ない。『ちさとちゃん』『采』『羊々』は“ゆうらく通り”と呼ばれる道に並ぶ。個性的な居酒屋がシノギを削る三角地帯の中、店の売り(どて焼き、日本酒、ジンギスカン)を打ち出しつつ、味と接客性の高さで群を抜いていた。

 また『なかみち 名西酒蔵』がある“なかみち通り”は、三角地帯の二辺を結ぶ道。この道から横に延びた場所にも飲み屋が散らばっている。小さい店が多く、ひとりかふたりで、ハシゴ酒前提で出かけるのもいい。狭い道を探検気分で歩き、お気に入りの店を探すのも一興だ。

 ヤミ市のバラック発祥から考えると約70年もの歴史がある三角地帯だが、残念なことにオリンピック開催を前に再開発計画が浮上している。迷宮のように入り組んだ小路の魅力を存分に味わうなら、本当に今しかない。新宿・ゴールデン街よりもしっかりとした酒肴を楽しめ、同じく新宿・思い出横丁ほど騒がしくない。若い客が増えたようだが、大手資本が入る画一的な商業施設に飽きている人も多いのかもしれない。今、都内で最も行くべき「消えゆく昭和系路地裏酒場」のひとつである。

三軒茶屋・三角地帯グルメMAP

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
小岩・新小岩エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。鶏肉、焼肉、中華、ラーメン、牛串、寿司など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-08 18:30:00
秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。
更新: 2018-12-29 18:30:00
四谷三丁目エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。餃子、寿司、ラーメン、串揚げ、フレンチ、ハンバーガー、焼肉など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2018-12-22 18:30:00
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt