MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

店主の市原さんは元フレンチシェフ。オーブンで焼いた鶏ガラでスープをとる赤羽『焙煎汐蕎麦処 金字塔』の店主でもあり、オリジナリティあふれる独創的なラーメンを得意とする。麺家 Shumen Doushi (シュメンドウシ)[交]JR南与野駅東口から徒歩6分 ※ランチタイム有

麺家Shumen Doushi(最寄駅:南与野駅)

牛骨をはじめとする骨類や、牛・豚・鶏の合挽き肉、牛スジ、牛アキレス腱などの旨みをバランスよく引き出した同店のスープは実にまろやか。口に含むと牛の甘みが押し寄せる。スープで煮た牛スジとアキレス腱を細かく刻み、ブイヨンでかためた煮こごりや、塩・胡椒・醤油ダレなどで味付けした牛と豚の合挽き肉など、トッピングも独創的だ。

極正油SOBA
950円

牛•鶏•豚などで炊いたスープに若鶏と鴨の鶏油を加え、香りとコクを重ねている。麺は、全粒粉を練り込んだコシのある細ストレート麺。やわらかく煮た厚切りの豚バラチャーシューが3枚ものる

焼き餃子3ケ
240円

鶏挽き肉や白菜、キャベツなどを厚めの皮で包んだ焼き餃子。煮こごりを入れているので、かじると溶けたコラーゲンがジュワリとあふれる

麺家Shumen Doushi

埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-11 ☎048-789-7918 [営]11時半~15時(土・日・祝は〜15時半)、18時~23時(土・日・祝は~22時半) [休]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター9席 [交]JR南与野駅東口から徒歩6分

電話番号 048-789-7918
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-05-13 13:09:04
鶏ガラとトンコツを重ねたスープは濃厚さがありつつもスッキリ。かえしは白醤油と黒醤油の2種類があり、白醤油はスープの味わいを繊細に際立たせ、黒醤油はコクと深みを増している。
更新: 2019-05-13 11:51:13
こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!
更新: 2019-05-14 15:44:36
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-05-15 15:29:46
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt