MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

店主の市原さんは元フレンチシェフ。オーブンで焼いた鶏ガラでスープをとる赤羽『焙煎汐蕎麦処 金字塔』の店主でもあり、オリジナリティあふれる独創的なラーメンを得意とする。麺家 Shumen Doushi (シュメンドウシ)[交]JR南与野駅東口から徒歩6分 ※ランチタイム有

麺家Shumen Doushi(最寄駅:南与野駅)

牛骨をはじめとする骨類や、牛・豚・鶏の合挽き肉、牛スジ、牛アキレス腱などの旨みをバランスよく引き出した同店のスープは実にまろやか。口に含むと牛の甘みが押し寄せる。スープで煮た牛スジとアキレス腱を細かく刻み、ブイヨンでかためた煮こごりや、塩・胡椒・醤油ダレなどで味付けした牛と豚の合挽き肉など、トッピングも独創的だ。

極正油SOBA
950円

牛•鶏•豚などで炊いたスープに若鶏と鴨の鶏油を加え、香りとコクを重ねている。麺は、全粒粉を練り込んだコシのある細ストレート麺。やわらかく煮た厚切りの豚バラチャーシューが3枚ものる

焼き餃子3ケ
240円

鶏挽き肉や白菜、キャベツなどを厚めの皮で包んだ焼き餃子。煮こごりを入れているので、かじると溶けたコラーゲンがジュワリとあふれる

麺家Shumen Doushi

埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-11 ☎048-789-7918 [営]11時半~15時(土・日・祝は〜15時半)、18時~23時(土・日・祝は~22時半) [休]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター9席 [交]JR南与野駅東口から徒歩6分

電話番号 048-789-7918
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
鰆の幼魚“サゴシ”の煮干しを使った珍しい1杯で勝負する。スープをひと口飲めば、香ばしさと共に驚くほど深いコクと旨みが舌に広がり余韻が続く。
更新: 2019-04-16 09:13:02
 カツオが主役の『Bonito Soup Noodle RAIK』に対して、こちらの主役は貝。アサリでひと口目のインパクト、ホンビノスでパンチ、 ハマグリで余韻と、3種の貝で複雑な旨みを演出している。目指すのは“濃い目のおだし”。
更新: 2019-03-29 12:00:00
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
更新: 2019-01-25 12:00:00
横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。
更新: 2018-12-28 12:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt