幸楽(中華/中目黒)-グルメ記事と写真

幸楽(中華/中目黒)-グルメ記事と写真

中目黒の中華店「幸楽」のエビチリに関するグルメ記事とおすすめメニューの写真ページ。旨い店が集まる街として知られる中目黒。[幸楽]はこの地に店を構えることなんと43年![住所]東京都目黒区上目黒2-44-3 [TEL]03-3710-5304


幸楽(最寄駅:中目黒駅)

中目黒の顔といってもいい老舗町中華『幸楽』

 こちらのエビチリは、“チリ”の名に相応しく、ピリッとくる辛さが弾けた後、エビの芳醇な旨みが舌を虜にする。さらにかき玉状に漂う卵のマイルドさが追いかけてくる。ひと口食べるたびにこの三者が味覚のデッドヒートを繰り広げるという、食の三つ巴天国なのだ。ランチタイムならご飯などが付いて890円。単品なら量が増えて850円。これは食べないわけにはいかない。

エビチリソース(単品) 850円

+200円で夜も定食にすることが可能

担々麺(冷) 900円

コクのある辛さがクセになる。同じ値段で温かい担々麺もある

カタヤキソバ 750円(昼) 、800 円(夜)

魚介と野菜がたっぷりと山盛りに乗る焼きそばも人気だ

幸楽

[住所]東京都目黒区上目黒2-44-3 [TEL]03-3710-5304 [営業時間]11時~15時半、17時半~24時 ※ランチタイム有  [休日]日・木 [席]1階テーブル16席、カウンター4席 2階テーブル席34席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線中目黒駅徒歩5分

電話番号 03-3710-5304
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして見つけた、ご当地蕎麦や、懐かしいハンバーグ、コスパ抜群のピザなど、中目黒駅から徒歩10分以内でおすすめの中目黒ランチを厳選してご紹介!


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

白いご飯が大好きなおっさん女子ですが、夏は白いご飯がしんどい季節……。というわけで今回は、冷たくて美味しい、吉祥寺の『冷たい麺』のお店を、独断で紹介してみようと思います。


[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。


朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

中目黒エリアのうどん屋「朝松庵 (あさまつあん) 」の「カレー南蛮」のグルメ記事と写真。「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング