MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
幸楽(中華/中目黒)-グルメ記事と写真

幸楽(中華/中目黒)-グルメ記事と写真

中目黒の中華店「幸楽」のエビチリに関するグルメ記事とおすすめメニューの写真ページ。旨い店が集まる街として知られる中目黒。[幸楽]はこの地に店を構えることなんと43年![住所]東京都目黒区上目黒2-44-3 [TEL]03-3710-5304

幸楽(最寄駅:中目黒駅)

中目黒の顔といってもいい老舗町中華『幸楽』

 こちらのエビチリは、“チリ”の名に相応しく、ピリッとくる辛さが弾けた後、エビの芳醇な旨みが舌を虜にする。さらにかき玉状に漂う卵のマイルドさが追いかけてくる。ひと口食べるたびにこの三者が味覚のデッドヒートを繰り広げるという、食の三つ巴天国なのだ。ランチタイムならご飯などが付いて890円。単品なら量が増えて850円。これは食べないわけにはいかない。

エビチリソース(単品)
850円

+200円で夜も定食にすることが可能

担々麺(冷)
900円

コクのある辛さがクセになる。同じ値段で温かい担々麺もある

カタヤキソバ
750円(昼) 、800 円(夜)

魚介と野菜がたっぷりと山盛りに乗る焼きそばも人気だ

幸楽

[住所]東京都目黒区上目黒2-44-3 [TEL]03-3710-5304 [営業時間]11時~15時半、17時半~24時 ※ランチタイム有  [休日]日・木 [席]1階テーブル16席、カウンター4席 2階テーブル席34席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線中目黒駅徒歩5分

電話番号 03-3710-5304
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ドーンと山盛りになった挽き肉とヤーツァイ(からし菜の茎の部分を使った四川の漬物)が印象的。レンゲでそれを切り崩しながらコクのあるスープと一緒にずずっとやる。
更新: 2019-06-26 13:34:15
器の中の美しくも旨そうという佇まいは期待を裏切らない。何ともグッとくるバランスのよさなのだ。
更新: 2019-06-26 13:31:16
本格四川料理が自慢の中華料理店。数ある麺類のなかでもイチオシがこの担々麺で、芝麻醬のゴマのコクをきかせつつも、あっさりと食べられる。
更新: 2019-05-14 15:31:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-05-21 13:48:19
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-05-21 13:55:14
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt