MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

人気つけ麺店『塩つけ麺 灯花』の2号店で、真鯛100%の“ダシ”で楽しむ塩ラーメンを提供。鯛塩そば 灯花 (とうか)[交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

鯛塩そば 灯花(最寄駅:曙橋駅)

愛媛県宇和島から毎日直送で届く真鯛の中骨だけを使い、濁らないようゆっくり火を入れてダシをひいている。雑味の出やすいカシラは使わず、身がそのまま付いた中骨を使うのがポイント。上品でありながらも、深い鯛の味が楽しめる至極の一杯だ。最後は残った鯛スープをご飯にかけて、さらりとかきこみたい。

鯛塩そば
800円

1杯に1.5匹分もの真鯛のエキスが詰まった贅沢なラーメン。具には低温調理のチャーシュー(肩ロース)や生麩などがのる

鯛塩つけ麺 ~みぞれ仕立て~(中盛)
900円

全粒粉を練り込んだ香り豊かな麺を鯛のダシでいただく。途中、梅肉のペーストを麺に付けるとまた違った味わいに。付け汁には大根おろしが入っているので、麺との絡みも抜群だ

鯛茶漬け(並)
370円

残ったスープを、鯛のほぐし身が入った炊き込みご飯にかけて茶漬け風に。胡麻ダレで和えた鯛の刺し身も美味

鯛塩そば 灯花

東京都新宿区舟町12-13 石原マンション1F ☎03-3354-3303 [営]11時~15時LO、17時~24時LO [休]日 [席]カウンター10席 [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3354-3303
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
真鯛ラーメンといえばココ的存在の有名店。真鯛の中骨を一度に100㎏以上贅沢に使ったスープには溢れんばかりの鯛の旨みが詰まっている。
 屈指の大行列店として話題を集めた湯島の『大喜』が2017年5月22日に秋葉原に移転。九十九里の煮干しをメインに地鶏のガラやモミジ、魚介などを合わせた、コク深くキレのあるスープの旨さは健在で、店内は常に多くの客で賑わう。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt