MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

人気つけ麺店『塩つけ麺 灯花』の2号店で、真鯛100%の“ダシ”で楽しむ塩ラーメンを提供。鯛塩そば 灯花 (とうか)[交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

鯛塩そば 灯花(最寄駅:曙橋駅)

愛媛県宇和島から毎日直送で届く真鯛の中骨だけを使い、濁らないようゆっくり火を入れてダシをひいている。雑味の出やすいカシラは使わず、身がそのまま付いた中骨を使うのがポイント。上品でありながらも、深い鯛の味が楽しめる至極の一杯だ。最後は残った鯛スープをご飯にかけて、さらりとかきこみたい。

鯛塩そば
800円

1杯に1.5匹分もの真鯛のエキスが詰まった贅沢なラーメン。具には低温調理のチャーシュー(肩ロース)や生麩などがのる

鯛塩つけ麺 ~みぞれ仕立て~(中盛)
900円

全粒粉を練り込んだ香り豊かな麺を鯛のダシでいただく。途中、梅肉のペーストを麺に付けるとまた違った味わいに。付け汁には大根おろしが入っているので、麺との絡みも抜群だ

鯛茶漬け(並)
370円

残ったスープを、鯛のほぐし身が入った炊き込みご飯にかけて茶漬け風に。胡麻ダレで和えた鯛の刺し身も美味

鯛塩そば 灯花

東京都新宿区舟町12-13 石原マンション1F ☎03-3354-3303 [営]11時~15時LO、17時~24時LO [休]日 [席]カウンター10席 [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3354-3303
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt